日本で行き詰まったら、中国へ出よう

openoffice2

中国貿易塾オープンオフィス in 中国東莞

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp

微信(wechat): den20140301

 

日本で行き詰まってどうにもならなくなったら

今から約5年前、当時の私はかなり行き詰まっていました。日本で会社を作り、中国で仕入れをして主に楽天市場やアマゾンでネット販売をしていました。いわゆる中国転売です。

楽天ランキングやアマゾンランキングをリサーチしまくって、その時売れている旬のものを安く中国仕入れして、素早く売りさばく手法で月商100~200万円くらいまでは比較的スムーズに行きました。

しかし、月商数百万円まできたところでふと、リサーチや仕入れ、梱包作業など、死ぬほど忙しいのにお金がほとんど増えていかないと気が付きました。ぜんぜんお金が増えていかないわけではないのですが、こなしている仕事量に利益が全く見合っていないのです。

価格競争、楽天市場やアマゾンへの手数料、クレジット決済手数料、人件費(バイトさん5名)、在庫残、不良品、それらのせいで最終的な利益はサラリーマン並みです。自分で起業してリスクを取って朝から晩まで仕事しているのにです。それだったらサラリーマンをしている方がましです。

このやり方では月商1000万円以上、年商億には到底行けない、先が全く見えなくなりました。これより上へ行くには楽天に多額の広告費を払い続ける手法しか残されていません。儲かるのは楽天やアマゾンだけ、巧妙な搾取システムの中で踊らされていることにやっと気が付いたのでした。そして日本でのネット販売へのモチベーションは一気に低下していきました。

でも気が付いたところで、今の日本で他に何の商売をしたらいいのかさっぱりわからないのでした。たぶんチャンスはないわけではないのでしょうが見えにくく、とても難易度の高い無理ゲーのように感じていました。

このまま日本にいてもどうにもならない、海外へ出てみるしかない。日本でECがだめなら中国で日本製品をネット販売してみよう、そして約5年前、私は中国へ行くことにしたのでした。

もしあのとき中国へ出ていなければ私は実家のある長野で40代引きこもりニートになっていたことでしょう。本当にそれくらい日本にいるときはどうにもならくなっていたのです。

 

行き詰まっていたのは日本ではなく、自分の意識

当時は日本経済が停滞しているからチャンスもないんだと日本のせいにしていました。しかし、本当に行き詰まっていたのは日本ではなく、自分の意識だったのです。事務所にこもってランキングリサーチばかりしていたので、視野が狭くなってしまっていたのです。

実際には同じ日本で成功している人はいくらでもいたのです。日本が悪いのではありません。自分のせいなのです。

それで当時は結構日本が嫌になっていました。今中国から日本を見てみると日本の文化や習慣、思いやり、自然、風土など素晴らしい国だと思いますし、自分が日本人であることに誇りを持っています。

 

環境を変えると、自然に意識も変わる

自分の意識が行き詰まってしまってどうにもならなくなったら、思い切って住む場所など環境を変えてみると意識も自然に変わります。環境の影響はとても大きいです。家の中にこもっていては全く良いアイデアは出てきません。

それどころかどんどん視野が狭くなってしまいます。こういうときは思い切って環境を変えてみるしかありません。家を出て公園や喫茶店などへ行くと気分良くなり良いアイデアが出てくるのと同じです。

特にあてもなくたった一人で日本を出て、初めて中国の東莞の駅についたときまだ未開発の駅前は広々としていて、今まで感じていた行き詰まりが全て吹っ飛ぶような爽快感がありました。広い視野で見てみればチャンスはいくらでもある、このとき自分の意識が一気に変わり始めたのだと思います。今でも東莞の駅に行くたびにいつもその時の感覚を思い出します。

20140824_1442161

 

中国貿易起業の聖地「東莞」

中国向けのECや中国仕入れなど中国貿易をするなら中国の東莞はとても便利です。香港・深センと広州のちょうど中間にあり、深センや広州の工場へも行きやすいです。

日本から香港へ空路約4時間、香港空港から直通バス約2時間半で東莞到着です。空港も近いので日本⇔中国の商品を発送する航空便も発達しています。現地に来ないとできないこともできるようになるので、日本だけで中国貿易をしている人とは差別化できます。

omap

ここ中国の東莞は実は沖縄よりも南に位置する南国です。バナナやマンゴーの木が生えています。人々も上海や北京などの都会よりも穏やかで優しいです。パスポートさえあればワンルームマンションは家賃1万円くらいで借りれます。

弊社の中国貿易塾オープンオフィスもここにあります↓

中国貿易塾オープンオフィス in 中国東莞

 

日本で行き詰まりを感じている方は、いったん日本を出て中国へ来てみてください!

 

 

儲かるネタ探しはもうやめる、自分が心から熱中できる事をする

中国向け販売のご相談

Photobucket

Eメール:info@microbe.jp            微信(wechat):den20140301             スカイプ:sk188103

 

中国で○○○が売れていると噂で聞いたから、ちょっと中国で儲けてみたい、

そういう人は99.9%成功することはないでしょう。

ちょっと試してみて偶然成功する可能性もゼロではありませんが0.1%くらいです。1000人がちょっと儲けたいと中国で何か商売を始めても999人はうまくいかず撤退します。

なぜ成功できないか

なぜそういう人は成功できないのか、それは宇宙へ行くロケットに例える事ができます。

ロケットが空を飛んでいって大気圏を突破するには、燃料が必要です。燃料を燃やして推進力を得ます。どれだけ良い燃料をたくさん持っているかでどれだけ高く行けるかが決まります。

ビジネスでは自分の思いの強さが商売を進める燃料です。

「ちょっと儲かりそう」という燃料では、大気圏を突破することはおろか、ラウンチすることすらできないでしょう。たとえ資金がたくさんあってもそれだけでは燃料になりません。

中国ビジネスは本当に大変です。ちょっと儲かりそうだから試してみたいなどという気持ちでは、少し何か困難があっただけで、やっぱりやめた、になるのです。そうしてほとんどの人は撤退していくのです。

では中国ビジネスで成功するためにはまず何が必要かはわかると思います。そうです、ロケットは大気圏を突破できるだけの燃料が必要なのです。

燃料とは強い思いです。いろいろな困難があっても諦めずに絶対に成功してやるんだという突破していく強い意識が必要なのです。

これはアップルを作ったジョブズやそのほかビジネスで成功した人達が皆共通して言っていることでもあります。

考えてみればとても当然の事です。たくさん強い燃料を搭載していたから、あんな高いところまでロケットが飛んでいけたのです。

凡人の「ちょっと儲けたい」燃料では推進力が弱すぎてロケットが1ミリ浮き上がることすらできないのです。

成功したければまず何をしなければならないか、わかっていただけたと思います。

どうやったら簡単に利益を抜けるか、そういうお手軽な道を探すのはもうやめましょう。あなたにお手軽なら他の皆にもお手軽なのでそんな商売はすぐ過当競争になりあっという間に消滅します。

自分は何のために生きるのか

まず自分は何をしたいのか、寝ることも食べることも忘れるくらい熱中できるのは何か、自分の中の熱い燃料を探すのです。

探したけど自分の中にそんな熱いものはないという人も多いかもしれません。私もそんな時期もありました。でも本当に何もないでしょうか。

多くの人は世間の雑音に惑わされて本当は自分の中に素晴らしい熱いものがあるのに見えなくなってしまっているだけなのです。

よく自分の潜在意識の声を聞いてあげてください。

何をしたいのか、そもそも自分は何のために生きるのか、そこまでよく考える必要があります。

自分は何のために生きるのか

自分が本当にしたいことがわかったら、あとは進むだけです。それじゃ儲からないと周りの人達が反対するとかは関係ありません。自分がやりたいんだから進めばいいんです。楽天市場を作った三木谷さんも創業当時は、ネットショップなんかもう大手がやって失敗してるんだからできるわけがないとほとんどの人に反対されました。でも彼はそんな周りの声は関係ない、自分がやりたいからやり続けて大成功しました。

成功できる人とできない人の違いは、とてもシンプルでわかりやすいと思います。

それはただ一点、いろいろな障害を突破して目的地まで到達できる強い思いという燃料を積んでいるかどうかなのです。

儲かるネタ探しはもうやめる

何が儲かるかネタ探しはもうやめてください。順番が違います。寝ることも食べることも忘れて自分が熱中できるのは何かそれをしっかり見つけてください。

自分にはそんな熱いものはないという人は、本当にそうでしょうか。ないならなぜ一生懸命検索してこんな私のホームページを読んでいるのでしょうか。

あなたの中にも必ずそういうものはあります。ただ現代社会はどこそこのIT社長がプライベートジェットに乗っている、資産何百億とか、芸能人と結婚したとか、人の心を煽るゴミ情報が多すぎて、本当の自分の潜在意識の声が聞こえなくなってしまっているだけなのです。

いったんそういうゴミ情報を遮断して本当の自分の心の声をよく聞いてあげてください。

それをしていると時間を忘れて没頭できるとかそういう事です。それがお金になるかどうかはあまり意識しなくてもいいと思います。

ただ自分の潜在意識の声を聞くというのも結構難しいものです。潜在している意識だから基本的に表に出てこないので声が聞こえにくいのです。

自分の心の奥底の声

潜在意識の声を感じやすくなるを方法はいくつかあります。

まずは禅です。ジョブズも禅を実践していました。

あとはモーニングページという方法があります。

朝起きたら二度寝するのではなく、コーヒーをいれて、真っ白なノートを開きます。朝の静寂の中でリラックスしてそれを見つめていると心の奥から何かの感情とかが染み出してきます。それをとにかくノートに書き留めます。整理して書く必要はありません。そのまま書き留めておきます。

そのノートを後で見返す必要はありません。ただこれを毎日続けるとだんだんと潜在意識の声を感じることができるようになってきます。

2018年以降、お金の時代から心の時代へ

あれが儲かりそう、これが儲かりそうとか儲かるネタ探しはもうやめましょう。自分が心から一生懸命になれる事をやるのです。

2018年以降の新しい時代は、お金よりもそういう強い思いや情熱とかが人を引き寄せてビジネスになる時代なのです。

お金優先・大量販売の時代は終わり、「人と心」の時代

 

日本で人生に行き詰まったら、リュックサックを持って中国へ

%e6%97%a5%e4%b8%ad

今朝ヤフーニュースでショックな記事を見ました。

「日本の若者の死因、自殺が1位」

もし 今、日本でどうにもならなくなって人生に行き詰まりを感じている方がいたら、とにかく日本から外に出てみてください。

これは日本を捨てるとかそういう事ではありません。私は日本を出て中国にいますが日本の自然とか風土、国民性は大好きですし(政治は除く)、自分が日本人であって本当に良かったと日本という国に感謝しています。

でもいくら素晴らしい国でもずっと国内に引きこもっていると、そのありがたさがわからなくなってしまうのです。外国から見てみると自分の国の良さがよくわかるものです。

サッカーの本田選手もそんなことを言っていました。

honda

環境を変えてみる

国の問題ではなく、自分自身の人生に行き詰まりを感じている、という場合でも住む場所を変えて環境を変えてみると状況は大きく変わるはずです。

外国を見るだけでも意識が変わり、思考のベースが広がります。思考のベースが広がると感じていた行き詰まりも消えてなくなってしまう可能性があります。

日本の会社で働いていて苦しくてもう逃げ場がないように感じても、山手線に飛び込む必要なんかないのです、世界は広いので行き場所はいくらでもあります。

外国へ出るなら、とりあえず中国がおすすめです。いろいろな外国がありますがなんだかんだ言ってもやはり日本人には他の外国に比べて中国は馴染みやすいです。

私自身も5年前に日本を飛び出して(飛び出してというよりは日本から逃げ出したという感じです)今は中国で中国法人を設立し貿易のビジネスをしています。

当時は日本でのサラリーマン生活に行き詰まり、日本社会に嫌気がさして日本を出たのですが、今では日本という国に感謝し日本人であることを誇りに思っています。一旦日本を出て日本の外から見てみると本当に日本の自然、風土、国民性など素晴らしい国であると思います。(政治は除く)

 

日本で人生に行き詰まったら

私自身が日本でどのように行き詰まっていたかを書きます。今考えれば、まだ狭い世界しか知らず視野が狭く行き詰まっていたように見えていただけだった事がわかりますが、当時は本当に沖縄へ死に場所を探しに行くくらい行き詰まっていたのでした。今思い出すと未熟で情けない限りです。

大学院を卒業すると歴史的な就職氷河期であるにも関わらず就職活動の苦労もほとんどなく日立に入社させてもらいました。入社当初は一部上場の有名会社で働ける、毎日品川のオフィス街にある大きなビルに通勤し、自分はエリートサラリーマンになったようなそんな気分でした。

職場はみずほ銀行(旧興業銀行)の情報システム部門内に、銀行員、自社社員、下請け業者が一緒に常駐し金融システム開発の仕事をするという特殊な勤務形態で人間関係もかなり複雑でした。

ある日全体朝礼でみずほ銀のお偉いさんが、我々は発注元だから一番偉い、下請けは使い捨てればいい、そういう雰囲気の事を言っていて非常に不愉快に思いましたが、それが仕事だから仕方ないと自分を無理やり納得させていました。要するに全体がこういう雰囲気なのです。

大きな組織というのはだいたいそんな空気があります。そんな中で働くうちに私は何か心にストレスがかかると無意識的に作り笑いが顔に浮かんで、自分の感情を隠そうとするという不気味な習慣が身についてしまいました。

そういう大きな組織の中に歯車の1つとして組み込まれるのは自分にはとても不快でした。

組織の雰囲気の問題だけではなく、私自身も社会人として本当に未熟でした。仕事の効率も悪くミーティングで上司に提出したスケジュールもリスケの繰り返し、それをリカバーしようとして深夜まで残業し翌日は早朝から出社、土日は会社に泊まり込み、衰弱しさらにリスケ、という悪循環です。
そしてこの仕事の先に何があるのか、忙しくてもはっきりとした目標、向かうべきところが見えていればいいのですが、そういうものもなくただひたすら仕事に追い立てられる、そういう状態が続くと人間の視野はどんどん狭くなっていくようで物事をいろいろな視点から見たり考えたりできなくなっていきます。

もうどうにもならない、いったんここから逃げ出すしかない、そんな考えが頭に広がっていきました。最近、過労のために衝動的な行動をしてしまうそんなニュースも多いのですがどんな状態かよくわかります。

ある日、ほぼ無意識的に会社の自分のデスクの中の物を全部処分していました。明日からもう会社へ出勤しないと決心し、退社時間になるといつも通り当時住んでいた会社の社員寮に帰りました。
次の日の出社時間、もう今まで毎日乗っていた通勤電車には乗っていませんでした。当時買ったバイクに寝袋を積んで富士山方面へ向かって走っていました。完全に会社の誰にも連絡もせず無断欠勤だったので、これで終わった、もう会社には行けないという不安感とと同時にもう会社に行かなくていいという素晴らしい解放感があったのを覚えています。

それから数日は誰にも連絡せず野宿やホテル、ネカフェを転々とし、周囲の人達から見れば私はほとんど失踪状態となりました。
その間は夜も寝ずに東京などいろいろな場所をひたすら歩き回っていました。夜に歩き始めて朝、明るくなるまで歩きました。もう何もできなくてただひたすら歩くしかなかったんだと思います。

そうこうしているうちに当時住ませてもらっていた会社の社員寮にまだ荷物が置いてあったのを思い出しそれを片付けようと社員寮に戻った時に、会社の同期と会い上司にもちゃんと説明するように諭され社員寮の会議室で上司に会いました。社員は家族だから会社へ戻ってこいと上司は言ってくれましたが、もう会社を辞める覚悟が決まっていると伝えました。私は人前で泣いたことはほとんどないのですがそのときは大泣きしていました。今思えばそんなに泣くほどのことでもないのですがまだ若かくて視野も狭かったのだと思います。

その後、会社の人事部の人達と面接をし正式に退社が決まりました。今では当時の上司や会社に対してはよくこんな私のような未熟な社会人を相手にしてくれたと申し訳ない気持ちと感謝があるのみです。

正式に退社が決まってからは確かにこの先どうしようという不安感もあったのですが、それよりなにより今まで感じた事のないようなものすごい解放感と爽快感がありました。大学を出てちゃんとしっかりした会社に勤めなければいけないという洗脳のようなものが解けたのかもしれません。とにかく、やはり私は元々大きな組織のサラリーマンには向いていなかったのだと思います。

 

中国へ出る

その後しばらくはそのまま東京で小さな会社で働いたりの生活していましたが、結局は実家のある長野に帰りました。せっかく大学院まで出してもらって上場企業に入社したのに、実家でフリーターになったのでした。このときがいわゆるどん底だったのだと思います。

しかしどん底までくると底を打ってそこからは自然と浮かびあがれるように人間はなっているのかもしれません。長野の実家でバイト生活をしながら、ある日ふと頭の中に中国で事務所を構えて仕事をしているイメージが浮かんできました。なぜかはわかりません。

そして本屋で香港のガイドブックを買い、まずは香港に行って香港で事務所を作ろうと考えました。この時点で何の商売をするかはまったく決まっていませんでした。
すぐ飛行機のチケットを手配し香港へ渡り事務所探しを始めましたがとにかく家賃が高いのです。そうこうするうちに香港のとなりにシンセンがあるということも知り行ってみることにしました。

シンセンでいろいろな人に会ったり事務所を探したりしたのですがやはり適当な所は見つかりませんでした。困り果ててネットの掲示板で手伝ってくれる人を募集しました。ネットの掲示板で協力してくれる人を募集したところライさんという人から連絡があり、会わないかと言われました。

でも名前も聞いたことのない東莞(今の事務所がある場所)という怪しい所まで来いと言っています。
なぜ会いに行く気になったのかもよくわかりません。シンセンから初めて高速鉄道にのり東莞の常平というわけのわからない駅で下車し、びくびく警戒しながら指定された待ち合わせ場所に行き待っていました。するとかなり怪しいルックスの細身で浅黒い人が近づいてきて、日本語でこんにちはと声をかけてきました。

中国で仕事したいの?じゃあと言ってまずは事務所を探しを手伝ってくれました。ここ東莞はシンセンよりも家賃もかなり安くすぐに気に入り事務所を借りることに決めました。今思えばライさんも日本人で日本語のできる私を仕事上利用しようとして近づいてきたのかもしれませんが、それにしても怪しげな外見に関わらずこの台湾人のライさんは実はとても親切な人でした。中国で初めて会った人が良い人というとても幸運に恵まれていたと言えます。

私が中国へ来た当初にいろいろ助けてくれた台湾人のライさんのように、私もこれから中国へ出てくる人の役に立ちたいと考えています。
その後、ここで借りた事務所で中国のタオバオに出店して日本の化粧品などを販売することにしました。当時2012年頃にはタオバオに出店している日本人はほとんどいなかったのでかなり早かったと思います。タイミングが早すぎたのもあり最初はかなり苦戦しました。
この時ネットの掲示板で事務所で働いてくれるスタッフの募集をしました。そこで2人の中国人の応募があり会うことになりました。
この2人の中国人は今中国の貿易会社で働いているが、その会社を辞めてこちらで働きたいと言っていました。そして、では一緒に貿易をやろうということになりました。

 

中国法人を設立

当時私は貿易の経験は全くなかったのでこの二人から貿易についていろいろ教えてもらいました。やはり人生は「人」との出会いで変わっていくのだと改めて感じます。

当時まだ広州卸市場の情報をネットで公開している人はほとんどおらず、競合がなかったのでヤフー検索「広州仕入れ」で自分のブログがトップ表示されるようになりました。そのため中国貿易の新規のお客様からのお問い合わせメールがほぼ毎日いただける状態になり仕事は急増しました。

そして中国で貿易会社を作ってから一時は中国人社員が十数人くらいまで増えましたが、こっそりお金を中抜きされる、社員全員と喧嘩する、全員離れる、そのうちの1人は中国労働局へ駆け込み、中国で裁判も起こされ和解金で解決、などなどいろいろなこともありました。

いずれも私の社長としての能力不足が招いたことです。お金を中抜きできる経理システムを作った社長の責任です。喧嘩するのも社員への思いやりが足りないからです。今はたくさんの失敗を経験したことで、どうやって社員を育てていくか、組織を作っていくかも昔よりはわかってきたと思います。そしてまだまだ少ないですが良い仲間も見つかり再挑戦という感じで中国での上場という目標へ向かって頑張っています。

中国でチャンスをつかむ

中国は確かに大変ですが、中国へ出てきたことは後悔していませんし良かったと思っています。昔働いていた日立の私が部署は今は統合され事実上消滅したと聞いています。あのまま会社に残っていたらどうなっていたのかわかりません。
これからの世の中には安定というものはどこにもなく、誇りをもって生きていくためには新しいことに挑戦していくしかないのだと思います。

日本で行き詰まってしまったという人には、とにかく一旦海外、とくに中国へ出てみるのをおすすめします。中国のイメージはあまり良くはないですがこれから現地で中国語をマスターするだけでも何か将来チャンスがあるかもしれません。

今中国向けビジネスとして具体的に私がとてもチャンスがあると感じているのは、中国のネットショップ、そして日本メーカーの中国向け総代理店としてビジネスをするという方法です。

日本にネットショップや日本メーカーは数万件あります。大企業はかなり中国進出していますが中小企業になるとほとんどまだ中国へ進出していません。日本の数万件の中小企業が中国へ進出してくるという大きな流れがこれから起こるはずです。

中国で販路を拡大したい日本のネットショップや日本メーカーの中国向け販路拡大のEC出店や営業や中国の展示会出展、中国向け総代理店のサポートなどはこれからとても大きなビジネスになってくると思います。

特に、「中国での販路拡大をこっちでやるからそのかわり、中国向けの総代理店をやらせて欲しい」と中国進出したい日本メーカーに交渉する、というやり方はとても良いと思います。うまく販路拡大+総代理店契約ができれば中国で自社ビルくらいは持てるようになるでしょう。

中国向け総代理店になる

中国での生活は確かに大変なことも多いですが楽しいこともあります。ぜひ日本を飛び出して見ることをおすすめします。

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
スカイプ: sk188103