中国動画市場を制する者は、越境ECも制す

a

中国越境ECで中国の人に商品を売る時、最も重要なのは集客です。いかにアクセス数を集めるか、ネットでは見てくれる人がいなければ存在しないのと同じです。

ネットではアクセス数さえあれば何とでもなります。ある割合で何でも売れます。

中国のネット集客で今後一番効果的になってくるのは動画ですから、

「中国越境ECを制す」=「中国動画市場を制す」、なのです。

越境Ecでは商品を扱いますが、商品を扱うか、動画データを扱うかだけで基本は同じです。ビジネスとしては在庫リスクや物流制限のない動画市場の方が商品を売るECよりも優れていると言えます。

良い商品を作り事はもちろん大事ですが、どんなに良い商品も見てくれる人がいなければ存在しないのと同じです。ECでまずすべきは集客の仕組化なのです。タオバオに出店などを試してみた事がある方は集客の重要性は痛感していることでしょう。

とにかく中国越境ECは、集客!集客!集客!なのです。

中国向け越境ECはインフルエンサー動画で集客が命

 

2020年、中国動画市場はビッグチャンスが来る

2020年から世界中で5Gが始まります。5Gが始まると映画一本分の動画データも数秒でダウンロードできるようになります。動画がほぼ遅延なく見れるようになります。

そして今後中国でも確実に動画の時代が来ます。その後VR、ARへなど空間共有へと流れは移行していくと予想されます。まずは動画です。これはとても大きなビジネスチャンスです。

もし今から何か起業したいという人がいたら、私は迷わず「中国の動画市場を狙おう」とアドバイスします。今さら日本の動画市場でユーチューバーなんかしても仕方ありません。どうせゼロから始めるなら中国の動画市場を狙いましょう。中国語など言葉の壁は機械翻訳や動画編集を外注するなどすれば問題ありませんし、そもそもテキストベースのブログよりも動画では言葉が低いと言えます。テキストや言葉が無くてもムービーだけでも意味が通じることもできます。

中国動画市場においては日本人として日本に詳しいという強みがあるので、ローカルな中国の人よりも有利な点の方が多いです。普通の中国人が知らないような事を日本人ならではの情報力で中国動画市場へ発信すれば容易に差別化もできます。

 

中国動画アプリでチャンネル登録者数10万人を目指す

中国の動画アプリで自分のチャンネル登録者数は10万人あれば十分それだけで小さなビジネスとして成立します。動画再生数に応じた広告は少額ですが、動画内で代わりに自社商品を紹介してほしいという依頼や自分で商品を紹介して売るなど、ある程度アクセス数があればどうとでもなります。

いかに自分や自社のファンを増やしていくか、マインドシェアを獲得していく宗教にも信者を育てていくという点では似ています。

 

日系企業(資生堂、日清など)の中国動画アプリ企業活用例

日系企業(資生堂、日清など)の中国動画アプリ活用例

 

中国インフルエンサーに代わりに動画で商品紹介してもらう

まず基本は中国動画市場で自社の動画チャンネルを育てていくことです。そしてそれを加速させるために他のインフルエンサーに費用を払って協力してもらうという方法も併用するとより効果的です。

中国インフルエンサーと日系企業をつなぐ「369」

 

中国動画アプリでチャンネル登録者数10万人にする方法

中国動画アプリでチャンネル登録者数10万人にする方法

 

中国の動画アプリランキング

中国の動画アプリ(人気順)

 

 

中国向け越境ECやインフルエンサー動画マーケティングのご相談など

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp

微信(wechat): den20140301

日本で行き詰まったら、中国へ出よう

openoffice2

中国貿易塾オープンオフィス in 中国東莞

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp

微信(wechat): den20140301

 

日本で行き詰まってどうにもならなくなったら

今から約5年前、当時の私はかなり行き詰まっていました。日本で会社を作り、中国で仕入れをして主に楽天市場やアマゾンでネット販売をしていました。いわゆる中国転売です。

楽天ランキングやアマゾンランキングをリサーチしまくって、その時売れている旬のものを安く中国仕入れして、素早く売りさばく手法で月商100~200万円くらいまでは比較的スムーズに行きました。

しかし、月商数百万円まできたところでふと、リサーチや仕入れ、梱包作業など、死ぬほど忙しいのにお金がほとんど増えていかないと気が付きました。ぜんぜんお金が増えていかないわけではないのですが、こなしている仕事量に利益が全く見合っていないのです。

価格競争、楽天市場やアマゾンへの手数料、クレジット決済手数料、人件費(バイトさん5名)、在庫残、不良品、それらのせいで最終的な利益はサラリーマン並みです。自分で起業してリスクを取って朝から晩まで仕事しているのにです。それだったらサラリーマンをしている方がましです。

このやり方では月商1000万円以上、年商億には到底行けない、先が全く見えなくなりました。これより上へ行くには楽天に多額の広告費を払い続ける手法しか残されていません。儲かるのは楽天やアマゾンだけ、巧妙な搾取システムの中で踊らされていることにやっと気が付いたのでした。そして日本でのネット販売へのモチベーションは一気に低下していきました。

でも気が付いたところで、今の日本で他に何の商売をしたらいいのかさっぱりわからないのでした。たぶんチャンスはないわけではないのでしょうが見えにくく、とても難易度の高い無理ゲーのように感じていました。

このまま日本にいてもどうにもならない、海外へ出てみるしかない。日本でECがだめなら中国で日本製品をネット販売してみよう、そして約5年前、私は中国へ行くことにしたのでした。

もしあのとき中国へ出ていなければ私は実家のある長野で40代引きこもりニートになっていたことでしょう。本当にそれくらい日本にいるときはどうにもならくなっていたのです。

 

行き詰まっていたのは日本ではなく、自分の意識

当時は日本経済が停滞しているからチャンスもないんだと日本のせいにしていました。しかし、本当に行き詰まっていたのは日本ではなく、自分の意識だったのです。事務所にこもってランキングリサーチばかりしていたので、視野が狭くなってしまっていたのです。

実際には同じ日本で成功している人はいくらでもいたのです。日本が悪いのではありません。自分のせいなのです。

それで当時は結構日本が嫌になっていました。今中国から日本を見てみると日本の文化や習慣、思いやり、自然、風土など素晴らしい国だと思いますし、自分が日本人であることに誇りを持っています。

 

環境を変えると、自然に意識も変わる

自分の意識が行き詰まってしまってどうにもならなくなったら、思い切って住む場所など環境を変えてみると意識も自然に変わります。環境の影響はとても大きいです。家の中にこもっていては全く良いアイデアは出てきません。

それどころかどんどん視野が狭くなってしまいます。こういうときは思い切って環境を変えてみるしかありません。家を出て公園や喫茶店などへ行くと気分良くなり良いアイデアが出てくるのと同じです。

特にあてもなくたった一人で日本を出て、初めて中国の東莞の駅についたときまだ未開発の駅前は広々としていて、今まで感じていた行き詰まりが全て吹っ飛ぶような爽快感がありました。広い視野で見てみればチャンスはいくらでもある、このとき自分の意識が一気に変わり始めたのだと思います。今でも東莞の駅に行くたびにいつもその時の感覚を思い出します。

20140824_1442161

 

中国貿易起業の聖地「東莞」

中国向けのECや中国仕入れなど中国貿易をするなら中国の東莞はとても便利です。香港・深センと広州のちょうど中間にあり、深センや広州の工場へも行きやすいです。

日本から香港へ空路約4時間、香港空港から直通バス約2時間半で東莞到着です。空港も近いので日本⇔中国の商品を発送する航空便も発達しています。現地に来ないとできないこともできるようになるので、日本だけで中国貿易をしている人とは差別化できます。

omap

ここ中国の東莞は実は沖縄よりも南に位置する南国です。バナナやマンゴーの木が生えています。人々も上海や北京などの都会よりも穏やかで優しいです。パスポートさえあればワンルームマンションは家賃1万円くらいで借りれます。

弊社の中国貿易塾オープンオフィスもここにあります↓

中国貿易塾オープンオフィス in 中国東莞

 

日本で行き詰まりを感じている方は、いったん日本を出て中国へ来てみてください!

 

 

日本人と中国人の交流会、wechat(微信)グループ

chang

参加方法:↑上のQRコードをwechat(微信)でスキャンし、

「日本と中国の交流会参加希望」とメッセージを送ってください。

 

日本人と中国人が交流するためのwechat(微信)のグループです。参加費等は一切かかりません。完全無料です。

グループ内の中国人は日本に興味があり、日本語を勉強中の人も多いので簡単な日本語ならだいたい通じます。

直接、中国の人に欲しい日本の商品についてヒアリングしたり、いろいろな情報交換、普通の雑談、日本語・中国語の教え合い、ビジネスの告知、現地パートナー探しなどご自由にどうぞ。

微信(wechat)で集客する方法

 

中国向け越境ECやインフルエンサー動画マーケティングのご相談など

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp

微信(wechat): den20140301