香港「上水駅」→深セン「羅湖(ローウー)駅」のルートで広州へ行く

20140623_1726381

広州買付けツアー in 中国

 

香港「上水駅」から国境を越えて深セン「羅湖(ローウー)駅」へ抜けて、広州へ行く方法をご説明します。この方法が一番お金を節約できます。慣れてしまえば難しくないのですが、初めての方には少し複雑かもしれません。しょっちゅう日本から広州へ行く人はこのルートで行く場合が多いです。

34851713048628196

香港市街の地下鉄で「上水駅」まで行きます。香港と深センの国境の手前です。

287529234250993307

羅湖(ローウー)行きと書いてあるホームへ向かいます。

146302589173401024

このホームには他へ行く電車もきます。掲示板をよく見て羅湖(ローウー)行きの電車に乗ります。

69065925895855562

車内は結構きれいです。

782165498567085383

電車を降りてイミグレーションへ向かいます。

364624453198126575

イミグレーションを抜けると深センの羅湖(ローウー)駅にでます。

40072801457640414

ここから広州市の広州東駅行きの高速鉄道(和階号)に乗ります。

504356450573516706

高速鉄道(和階号)の車内はとてもきれいです。

後は最終駅まで乗っていれば広州に到着です。

 

 

guide

広州卸売市場見学レポートまとめ

 

 

広州買付代行のご相談

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
スカイプ: sk188103

 

バッグ工場の見学・生産打合せ in 広州

1b 1a 

バッグ工場の見学と生産打ち合わせのため、広州の近くのバッグ工場へ来ました。

広州でオリジナルのバッグ、アクセ、服、タグを作る方法

一見、え?これが工場と思ってしまいますが、この中に工場があります。中国ではこのような外からは工場とはわからない感じの工場が多いです。中に入ると広い縫製スペースがあります。

1c 2a

このバッグ工場は確かに大きい工場ではありません。中小工場です。

私の場合、大きい工場へ行くことはほとんどありません。大きい工場よりも小さくても頑張っている工場の方が好きだからです。大きい工場はもう今やっている仕事で十分回っているので新しい仕事は面倒くさいという雰囲気の場合が多いです。そして小ロットの客を相手にしてくれないなど、納期も後回しにされるなどいろいろ融通が利かない場合が多いです。

大きい工場ではスタッフが対応してくれるので社長と直接商談もできません。スタッフは大きな割引の裁量権はもっていないので価格も割引してくれないです。

なのでいつもあえてこのくらいの規模で良い仕事をしてくれる中小工場に仕事を依頼するようにしています。小さい工場はだいたい社長が直接出てきて応対してくれるのでいろいろ交渉もできます。

2c 2d

現在生産中のバッグの部材が山積みになっています。

2e 2f

これはバッグの生地を切り出すための金型です。これを革に押し当てて、でバッグの部品となる革のパーツを切り出します。

7 8

バッグ縫製専門の特殊な機械もあります。

9 12

一通り工場内を確認させてもらった後、生産の打ち合わせです。

写真の細身の男性が工場の社長で、直接お茶を振舞ってくれます。これが中国の中小工場の良いところです。中国の南、広東省ではゆっくりとお茶を飲みながら話しましょうというスタイルが多いです。

効率面だけで考えると早く仕事の話を始めればいいのにと思ってしまう方もいると思います。私も最初の頃は無駄話をしてないで早く仕事の話をしたいと感じていました。

ですがゆっくりお茶を振舞ってもらいながら打ち合わせをすることを何回か経験するうちに、こうやってお互いゆっくりお茶を飲むことによってリラックス状態になることができ、創造力が増してこんな新商品はどうだろうとか良いアイデアが突然出てきたりするし、お互い話しやすくなる、そのためにお茶はとても有効なのかもしれないと感じるようになりました。

実際にそそくさと仕事の話を始めて事務的にさっさと終わらせるという雰囲気では新しいアイデアを出したり、クリエイティブな製品を作るのは難しいですし、そういうロボットみたいな仕事ではなく人間味がありかつ創造的な仕事をするために、このお茶という習慣はとても重要であると思います。

13 14 15 16

このバッグ工場で生産した商品のサンプル、仕様書です。このようなバッグが作れますよ、ということです。この工場はほとんど日本向けに生産しているので品質がとても良いです。

17

打ち合わせ後、多くの工場の社長は夕食等をご馳走してくれます。今の中国の状況を考えるとバッグ工場も決して経営は楽ではなく、高騰する人件費、広い工場の賃料、値下げ圧力など、金銭的にはきっと苦しいはずです。

でも夕食をご馳走してくれているのです。お金持ちだからおごってくれるのではないのです。気楽におごってくれたラッキー、などと考えるべきではありません。私は夕食をご馳走してもらうときいつも何とか日本から良い注文を持ってきて恩返ししようと思いながら食事をいただいています。

工場にサンプル製作や見積もりをお願いするときにもあまりに気楽にサンプル製作や見積もりを依頼するのは真剣にビジネスをしている相手に対して誠実さが足りない気がします。

工場は生き残るために必死にやっているのです。確かに無料でサンプルを作ってくれる工場もありますが、発注の見通しもないのにサンプルを作らせるのは工場に失礼なのではと思います。お互い誠実な態度でしっかり接するようにしなくてならないと考えています。

 

guide

広州卸売市場見学レポートまとめ

 

 

広州買付代行のご相談

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
スカイプ: sk188103

第3回広州仕入れ塾(初級) in 中国、2018年7月22日開催

20140623_1726381

広州仕入れ塾

参加者様全員と一緒に中国の広州市場へ傳田が同行させていただき、実際に広州の市場で商品選びと買い付けを行う団体ツアー(各回定員3名様)です。

広州市場での買付け方法、売れる商品の選び方、日本のネット通販での売り方なども実践形式でレクチャーします。まだネット通販や仕入れをしたことがない初心者向けです。

すでに十分経験がありさらにレベルアップしたい方→広州仕入れ塾(中級)

業者様向け広州市場買付け個別アテンドはこちら→広州買付け個別アテンド

 

guide

過去の広州卸売市場見学レポートまとめ

 

参加費用

980元(日本円で約1万7千円)、交通費100元、航空券・宿泊代等の実費は含みません。

 

募集定員

各回3名様限定。

少人数制でしっかりサポート。1名でのご参加も歓迎です。定員になり次第募集終了します。

 

日程

2018年7月22日(日)、1日間

午前10時: 広州賓館ロビー集合、レクチャー(市場での買い付け方、売れる商品選び)

timg

午前10時: 雑貨市場(万菱広場)で買い付け

外国人に人気のある一番有名な卸市場です。

ichi1

午前11時: レディース服市場(十三行)で買い付け

広州で最も多いのはレディースアパレルです。

a

お昼: 昼食&レクチャー(売れる商品の選び方、日本のネット通販出品作業など)

昼食は広州のグルメをご案内します。

c

午後1時: バッグ市場(三元里)で買い付け

広州で仕入れて売るならバッグが一番おすすめです。

b

午後3時: アクセサリー市場(泰康城)で買い付け

アクセサリーは小さくて運送が簡単なので売りやすいです。

001 20140528_124845

午後4時: iphoneケース市場(新亜州)で買い付け

37ECFC53-9918-4227-8979-46C4C592546D D71C400D-1908-43DA-973B-4575EAD87C50

午後5時: おさらいでもう一度行きたいまたは他の市場へ(リクエストに応じて)

参加資格

・広州仕入れ塾(初級) はまだネット通販や広州仕入れをしたことがない初心者向け

天国の箸の心をお持ちの方

 

集合場所

広州賓館ロビー

日本から広州への行き方

広州のホテルを予約する方法

広州のグルメ)

 

shiiretop

広州市場仕入れガイド

 

持ち物

スマホを常時活用しますのでiphoneかipad、又は同程度の高性能スマホをご持参ください。

 

参加申込み方法

こちらのお問い合わせフォームから「広州仕入れ塾(初級)参加希望」とご連絡ください。ご案内の詳細をお送りします。

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
スカイプ: sk188103