2022/8/7今日の広州アパレル卸市場の様子(youtube動画)

0bf37e7c48ba9043d0d9f066dbbed2e

広州現地スタッフが仕入れをお手伝いします【詳細はこちら】

d46ec369ef0b7235442cf675282f401

 

 

リモート買い付け=安く仕入れできる

広州の沙河や十三行へレディース服の買い付けに行きたいけど行けないので、新しいお店を発掘できなくて困っているというご相談をとても多くいただいております。そのため新たにライブ映像配信によるリモート買い付けサービスを始めました。お客様の代わりにライブ映像配信しながら広州卸市場をまわります。詳細はお問い合わせください。

先月には沙河の金馬服装城に陽性者が立ち寄った事が判明し周辺は緊急封鎖になりました。封鎖になると遠方から来ていた人は帰宅ができなくなってしまいます。また中国ではスマホで移動履歴が管理されているので疑いのある場所への移動履歴がある人はすぐに記録されてしまいます。広州アパレル卸市場の店員さんなどには3日に1回必ず検査が義務付けられているようです。

こういう状況ですので日本などの外国から買い付けに来れるようになるにはまだまだ数年はかかりそうです。買い付けに行けるようになるのを待つよりも、リモート買い付けにシフトする時代なのかもしれません。

どういう服を扱うか商品選びで自分のお店のコンセプトが変わってきますので、確かに自分で広州へ行って直に服を手に取って選ぶのがベストです。はるばる中国まで行って買い付けをしてきたという充実感も得られます。しかし今はそれができなくなってしまっているので仕方がありません。

何事も考え方次第です。行かなくていいので広州へ渡航する航空代金もかかりません。自社のバイヤーを3人連れて3日間買い付けに行ったらホテル代金などの滞在費用もすぐに10万円は超えてしまいます。

何より買い付けに行く時間と労力は大変なものです。イタリアやフランスでの買い付けならバイヤーさんも喜んで行きますが、中国での買い付けは嫌だなあというバイヤーさんも多いです。中国も良い所もあるんですよ(´;ω;`)

これらのコストは結局は商品の買い付け代金に上乗せされてくることになります。自分で広州へ行かないリモート買い付けならこれらのコストを節約できるので、買い付け代金を安く抑えることができます。高い買い付けコストを払っている会社よりも有利になるということです。

タオバオ、アリババよりも稼げる広州

アリババやタオバオなどの中国ネットで買い付けている方も増えているようですが、中国でも物価高騰のためアリババやタオバオは価格がかなり高くなってきています。やはりレディース服の卸価格は広州卸市場が一番安いです。アリババ、タオバオは代行業者を使えば誰でも簡単に買えるので差別化もしにくいです。タオバオで買い付けてメルカリなどで転売しお小遣い稼ぎをしている副業の個人さんも多いです。

さらに広州アパレル卸市場で売られている商品は多くが工場での余剰生産品などです。服1万枚の注文があると工場はだいたい1万3千枚くらい生産します。大手の検品基準は非常に厳しくて不良品が必ずでてくるのでわざと多めに生産します。そうして残った商品はネットには堂々と出品しづらいので、ネットに出てくることはほとんどありません。もし工場余剰生産品をアリババやタオバオに堂々と出品したら横流ししたことがばれて工場は注文主に怒られてしまいます。

そういう訳あり品をこっそり処分する場所、それが広州アパレル卸市場なのです(厳密に言うと沙河はそういう処分する場所ですが、十三行や白馬は正式に注文する場所です。なので十三行や白馬は価格が高くて沙河は価格が安いです)。このような事情もありネットには出ていない広州卸市場でしか買えない服もかなり多いです。ネットでリサーチしてもなかなか見つからない商品はだいたいそういう商品です。ネット時代になったのに卸市場がなぜ消滅しないのかもこういう理由なんですね。

 

中国広州の服は品質が悪い?

中国広州の商品は縫い目が荒かったり、汚れがあったり、と品質が悪いのでは?とお思いの方もいるでしょう。確かにそれは間違ってはいません。厳密に言うと広州でもエリアによって品質と価格は異なります。

・白馬エリア、品質高、価格高

・十三行エリア、品質中、価格中

・駅西路エリア、品質高、価格高

・流花エリア、品質中、価格中

・三元里エリア、品質低、価格低

・沙河エリア、品質低、価格最低

品質低と言っても最近の広州全体の品質はかなり改善されてきています。大きな汚れや大きな穴があるということは20枚買ったら、1、2枚あるかどうかくらいの確率です。小さな汚れやほつれなどは結構あるので、百貨店や大手ブランドレベルの厳しい品質を求めるお客様には広州仕入れは不向きです。

とはいえ広州はやはり仕入れ価格が安いです。ワンピースなら350円~、スカート300円~、シャツ250円~と、服ならタオバオやアリババよりも安いものも多いです。

広州で仕入れをする心構えとしては「安いのだからある程度の不良は仕方ない」と考えないと広州仕入れはスムーズに進まなくなってしまうでしょう。返品の嵐をしていれば工場にもお店にも代行業者にも嫌われて誰も相手にしてくれなくなってしまいます。事実最近では日本人には売らないよという工場やお店も増えてきました。あまりわがままを言わないようにしましょう。とはいえ私も昔、楽天市場で販売して毎日クレーム電話の嵐を受けていましたので、日本の消費者は品質にすごくうるさいのでどうしても仕方がないということも理解はしています。なかなか難しいものです。

 

リモート時代

アパレルに限らず様々な業界でリモートワークへのシフトが行われています。従来の古い広州アパレル買い付けもズーム(ZOOM)やユーチューブライブ(youtubelive)、インスタライブ(instagram live)、ウィチャットライブ(wechat live)などを活用した新しいリモート買い付けの時代にシフトする時が来ているのかもしれません。

弊社でも皆様のご要望にお答えし、ライブ映像配信によるリモート買い付け代行サービスを始めました。詳細はお問い合わせください。

「人と心」の時代、利益優先・大量販売の時代は終わり

微信图片_20220727142551

 ↑広州アパレル卸市場のyoutubeチャンネル登録お願いします(*´Д`人)

広州アパレル卸市場へ行けなくてお困りの方、仕入れ代行お手伝いします→私達がお手伝いできること

買い付けのご相談はこちらから

微信图片_20210713111649

wechat(微信): den20140301

または

微信图片_20220720131952

LINE(ライン): d369

ご連絡いただく前にぜひこちらをお読みください m(_ _)m

 ↓

ご連絡いただく前に&会社情報

 

 

2022年からは「モノ・お金」より、「人・心・信用」の時代

今、日本で実店舗やネットで物販をしているお客様や中国の工場の社長さん達などに話を聞くと商売がうまくいっていない人が多いように感じます。
日本で実店舗を持っている方、楽天やアマゾンなどネットショップを運営している方など、
思うように売上が伸びずに苦しんでいる人が多いのではないでしょうか。

確かに市場規模縮小、不景気、為替などの要因はあるとは思うのですがそれだけではない気がしています。
なぜこんなに商売が皆うまくいかないのだろうかと不思議に思っていたのですが、最近ようやく理由がわかってきたように感じています。

それはちょうど今、世界が新しい価値観へシフトしつつある時代なので、商売のルールも変わってきていて今までの商売のやり方では通用しなくなっている、そのため商売がうまくいかないのだということです。

今までの時代は「お金をたくさん集めること=成功」でした。このように皆が思い込んで、それで経済も成長してきました。

ですが、すでに2016年頃からその兆候はありましたが、2018年になって確実にカチッと時代のスイッチが切り替わったのです。

今の社会の仕組みは「お金をたくさん集めること=成功」ではなくなりました。

でも頭の中はなかなかすぐには変わらないので、お金をたくさん集めることが成功であるという行動をしてしまいます。

2018年はもう、「信用をたくさん集めること=成功」、に完全に切り替わったのです。

お金持ちより、「信用持ち」の時代

そのため現実と古い行動習慣が噛み合わないのでうまくいかない感じがするのです。

もし今あなたの仕事が不調だったら、それは良い商売、商材がない、経済が良くない、競争が激しすぎる、飽和している、とかではなく、あなたの頭が古い時代のままだからかもしれません。

貧乏人から更にお金を取ろうとしてないか

 

あらゆる「モノ・お金」も過剰在庫になっている

現代社会ではよほど貧しい国以外では物はあふれています。人々は食料、衣服、住居など欲しい物はほとんど全部手に入れました。昔はテレビ、洗濯機、車など人々は皆物欲を満たすためにがんばっていましたが今はもう皆、物にはあきあきしていてただ物なんかほとんどの人は興味がないのです。人々の価値観は大きく変化しています。でもその変化に商売のやり方が追いついていません。

今までの商売のやり方は競争と規模の拡大を追求するという方法です。売上をどんどん増や
し、ライバルに競争で勝ち、売上何百億、何千億、何兆と会社の規模を大きくしていくことこそがビジネスマンの成功であるという考え方です。
私自身も巨大な自社ビル、そして社員数万人、そんなソフト○ンクやユ○クロのような会社を作ることに憧れていました。

激しい競争と規模の時代のおかげで生産効率は劇的に向上し、今やみんなが欲しくないモノを大量に生産しています。そのためあらゆるモノが過剰在庫になっています。もう競争と規模を求める時代は終わったのです。

商品に魂を込める、ただ「卸から仕入れて売る」時代は終わり

 

お金儲け最優先の時代は終わり

でも私達は今まで長い間この商売のやり方で生きてきましたから急に変えろと言われてもなかなか変えるのは難しいのです。そのため今までの商売の方法では新しい時代に合わなくなっているのにそれに気づかずに今までのやり方でやり続けている、そのために商売がうまくいかなくなっているのではないでしょうか。

では新しい時代の商売のルールというのは何かというとそれは、

「物をたくさん売る」のではなく「何人の人を助ける(喜ばせる)ことができたか」

という考えで商売をするということです。

あらゆるモノ、モノだけでなくお金も過剰在庫になっています。そのためモノとお金の相対的価値が急激に下がっています。反対にモノ・お金ではない要素、人・心の価値が急上昇しています。

お金儲けではない部分(人、心など)がモノ・お金よりも重要になってきているということです。

このような状況ですから、今までは最短、最効率で利益を稼ぐ会社が優秀とされていたのですが、今ではそういう会社は人々に嫌われてそっぽ向かれています。
効率、粗利、売上規模を追及するやり方はもう古いので時代に合わないのです。だから日○製作所、ソ○ー、○芝、み○ほ銀行など日本の名だたる大企業はほとんどボロボロです。

2017年からは、売上、粗利、効率とかそういう方向ばかり見ているとなかなか商売繁盛できなくなります。今だにライバルを蹴落とそうとしたり、社員数やオフィスを大きくして偉くなったような気になっている、そんな事をしていませんか。2016年以前はそういう人が成功できたかもしれませんがこれからは違います。

生産効率が向上し、あらゆるモノが過剰在庫になり人々はもうお腹いっぱいです。もしお腹がすいていたらモノより心が大事なんて言われても馬の耳に念仏でしょう。しかし今や多くの人々はお腹いっぱいになり、新しい時代の価値観を受け入れる準備が整ったと言えます。本当に素晴らしい時代がきたと思います。

新しい価値観を持つ人の絶対数が臨界点を超えたとき、世界は劇的に変わるはずです。これからはもう新しい時代に変わるのです。「物をたくさん売る」のではなく「何人の人を助ける(喜ばせる)ことができたか」なのです。ライバルすら助けていいのです。

なぜ人を助けるべきなのか納得できない人もいるかもしれませんが、これは具体例や理論的に考えてみるとすぐわかります。簡単に言うと、自他一如(自分と他人を一つ如く考える)ということは自然の法則に一番合っているので、自然の法則に合っていると自然に繁栄し、反対に自然の法則に反すると衰退していくということです。

何人助けたか、そういう使命感、魂、情熱をもってコツコツと続けていって、助かった人が多くなれば自然にいつの間にか商売は繁盛している、そういう時代です。今の世の中は困っている人がとても多いので人を助けるチャンス、すなわち商売繁盛のチャンス実は多いはずです。

これからは「物をたくさん売る」のではなく「何人の人を助ける(喜ばせる)ことができたか」、そういう風に考えて商売をしていかなければ、古い商売のやり方では自然消滅に追い込まれていくことになるということです。こんな偉そうな事を書いていますが私自身まだまだしっかり実践できているとはいえません。自分への戒めとしてこの文を書いている面もあります。

 

Small is beautful

2017年以前は会社にしても売上にしても大きい方が良い、とされてきました。

しかし2018年からは世界中で大きな価値観の変化が起こります。

Small is beautiful、すなわち小さいことは良いことだ、そういう価値観が主流になってきます。

 

「モノ・お金・競争」から、「人・仁心・信用」の時代へ

2018年、仮想通貨ブームが起こり改めて皆がお金とは何ぞや、と考えるようになっています。そしてから明らかに変化が起き始めているのを感じます。

お金をたくさん集める=成功

の時代は終わり、

ありがとう(信用)をたくさん集める=成功

の時代になったのです。

最近のニュースなどを見ていると、商売だけでなく国にしても同じで「何人の人を助ける(喜ばせる)ことができたか」という考え方ができず、いまだに「物をたくさん売る」という考えしかできないような国はどんどん自然消滅の道をたどっていっているように多くの人も感じているのではないでしょうか。

この世界には自然に調和をとる浄化作用のようなものが働いていて紆余曲折はあるもののこれからの世の中は昔のお金・競争の時代より、人・心の時代とますます良い方向へ向かっていくのだと感じています。

改めて上の文を見返して見るとなんだかどこかの怪しい○○教の人みたいですが、そういうのとは一切関係ありません。個人で感じていることを1人で書いているだけです。念のため。

何のために仕事をし、何のために生きるのか

 

guide

 ↑広州卸市場の見学レポートです

広州アパレル卸市場へ行けなくてお困りの方、仕入れ代行お手伝いします

私達がお手伝いできること

微信图片_20220722130108

 ↑広州アパレル卸市場のyoutubeチャンネル登録お願いします(*´Д`人)

買い付けのご相談はこちらから

微信图片_20210713111649

wechat(微信): den20140301

または

微信图片_20220720131952

LINE(ライン): d369

ご連絡いただく前にぜひこちらをお読みください m(_ _)m

 ↓

ご連絡いただく前に&会社情報

 

 

お金持ちになる方法

ある若者がお金持ちの老人の所を訪ねて聞きました。

若者「あなたのようにお金持ちになりたいです。どうしたらいいですか?」

老人は教えてやろうと言い、若者を海辺へ連れて行きました。そして若者の頭をつかんで海水の中に突っ込みました。若者は息ができず苦しくて激しくもがきます。しばらくしてやっと老人は手を離しました。

微信图片_20210809095542

若者「いったい何をするんですか?!」

すると老人は言いました。

老人「君は息がしたくて本気で激しくもがいたね。それと同じくらいお金持ちになりたくて毎日本気でもがいているかね?」

若者「いえ、ただなんとなくお金持ちになりたいなと。」

老人「ただぼーっと目標を夢見ていてはいつまでたっても達成できない。どうしても達成したくて達成しないと窒息するくらい苦しくてしょうがない、それくらい本気で今目の前のこの瞬間1日1日を生きなさい。そうすればきっと成功のチャンスがやってきた時にはつかむことができる。」

若者「わかりました。ありがとうございます。」そう言って若者は帰って行きました。

みんながみんなお金持ちなる必要は全くないと思います。お金以外の幸せももちろんあります。ですが何か目標があったらそれくらい真剣にやらないと時間ばかりが過ぎてなかなか達成できないということですね。