広州卸市場で直接買い付け、日本の問屋仕入れの半額以下

「今まで日本の問屋からアパレルやバッグやアクセサリーを仕入れしていたが、日本の問屋の仕入れ価格は高くてもう利益が出ない。」近年、このような理由で広州卸市場へ直接買い付けにいらっしゃる日本の業者さんがとても増えています。

広州卸市場なら日本仕入れ値の半額以下で買える

微信图片_20190705100822

↑広州卸市場の様子を動画でほぼ毎日お届けしています。

確かに広州の卸市場で直接買い付けをすれば安く買えます。例えば上の動画にあるようなレディースの普通のトップスなら、

広州卸市場仕入れ価格: 250円~450円くらい

日本の問屋仕入れ価格: 700円~1200円くらい

が相場でしょう。

レディースのワンピースなら

広州卸市場仕入れ価格: 400円~700円くらい

日本の問屋仕入れ価格: 900円~2000円くらい

レディースのバッグは

広州卸市場仕入れ価格: 250円~600円くらい

日本の問屋仕入れ価格: 700円~1500円くらい

だいたいこのくらいの相場感です。

広州卸市場で直接買い付けをすれば、日本の問屋仕入れ価格の半額以下くらいで買えるということです。

 

日本と価格が変わらないものも。物によって価格差が異なる

10年、5年前の広州ならまだまだ物価も安くてほとんど何を買い付けしても、適当に買いまくってもだいたい利益が出るので赤字になることはありませんでした。

しかし現在、中国の物価は急上昇しています。もちろん広州卸市場の仕入れ値も急上昇中です。

物によっては「え、これ日本で仕入れるのと値段変わらないじゃん」という現象が頻発しています。そうです。なんでも適当に買えば利益がでる時代は終わりました。しっかり買い付ける商品を選ばないと利益がでない、買い付けの難易度が上がっています。

 

買い付け商品選びの目が問われる

物によって日本との価格差が異なります。シンプルなトップスやワンピース、ニット系などはまだまだ日本の半額以下で買えるとか、良い感じのコートなどになるともう日本とほとんど価格が変わらないとか、PUのバッグは日本との価格差がまだまだ大きい、本革のバッグは日本とほとんど値段が変わらない、ピアスやペンダントなどアクセサリーはまだかなり日本との価格差が大きい、などなど、ものによって日本との価格差が異なるのです。

およその価格を瞬時に判断できるくらいでないと、適切な買い付けが難しくなっています。5年10年前に比べて広州買い付けゲームの難易度が格段に上がっているといえます。

ぱっと相場感がわかるくらいでないと、この値段で買ってよいのか判断できず何も手が出せないという状態になってしまいます。広州の卸市場へ買い付けに行く前に日本での価格の相場感はよく頭に入れておく必要があります。そうしないと中国への渡航費用、宿泊代などが無駄になってしまいます。

そして適当に買い付けて、しっかり商品を選ばないとほとんど日本と価格差がないものばかり買ってしまって、利益がでないという事にもなりかねません。

 

日本との価格差が大きい掘り出し物もある

広州の卸市場では物によっては日本よりもすごく安く仕入れできるものもあります。代表的なのが広州のアクセサリー市場で売っているピアスやイヤリングです。

広州アクセ市場のピアスやイヤリングは、日本円で80円くらいで買えるものも多いです。80円で買い付けができるのですから驚きです。

 

広州卸市場はなぜ安く買えるか?

 

以上では広州卸市場買い付けの主に良い点についてご説明してきましたが、以下では問題点についてもご説明します。

 

「ただ中抜きすれば簡単に安くなる」は机上の空論

中国仕入れ経験がない人は、中間業者(日本の問屋)を中抜きすればその分簡単に安く仕入れできると思っています。しかしこれは簡単なことではありません。

中国直接仕入れは慣れるまではいろいろな思わぬ損失が出て、今まで通り日本の問屋から仕入れしてた時とトータルではほとんど変わらないじゃないか、ということになる可能性もあります。

実際に中国直仕入れをやってみた方なら「まったくその通り」と激しく同意していただけるはずです。

 

検数、検品、品質の問題

 

 

国際送料の問題

 

 

渡航費用、滞在費、代行手数料の問題

 

 

日本の問屋が裏でやってくれていた事に気付く

 

でもやはり利益を出すには中国現地直仕入れに挑戦するしかない

 
guide

 

私達がお手伝いできる事、広州市場アテンド、買付代行

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
ライン(LINE): d369

中国(東莞)に自分の仕入れ拠点を持とう

openoffice3

中国起業専門コワーキングオフィススペース「傳」in 中国東莞

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
ライン(LINE): d369

 

ネットが発達したとはいえ日本のオフィスだけで中国仕入れをするのはどうしても限界があります。中国現地にオフィスがありそこにある程度の期間滞在して仕事をすると中国仕入れは圧倒的にはかどります。

 

中国現地オフィスがあれば圧倒的に有利になる

中国にオフィスがあればまずサンプル確認が速くなります。通常サンプル確認は日本へ国際便で発送して行いますが、中国のオフィスですぐに確認できます。

また不良品の検品も中国にオフィスがあればそこでできます。不良品はそのまま店にすぐに返品もできます。

市場へ商品探しや工場へも頻繁に行けるようになります。

その他、メリットが多すぎてあげきれないくらいです。

 

簡単に中国オフィスが持てる「コワーキングオフィススペース」

もし自分でゼロから中国オフィスを立ち上げるとなるとお金も時間も体力もかなりかかます。今中国では「コワーキングオフィススペース」が増えています。

弊社でも中国の東莞で「コワーキングオフィススペース」を運営しています。

ご興味のある方はお問い合わせからどうぞ。