もし余命15日だったら、どう生きるか?

思考実験です、想像してみてください。
ある日、なんだか体に異変を感じて病院に診断に行きました。
すると「あなたは末期のガンである、もって後15日の命です」、突然医者にそう宣告されました。そう、自分はあと15日しか生きることができないのです。
今日からどうやって生きますか?
これはとても大事な意識です。ここでは余命15日としましたが、私達人間には必ず余命があるのです。長いか短いかの違いだけです。
もしかすると明日で終わる可能性もゼロではありません。
そんなに急ではなくて寿命を全うできたとしてもあと50年生きれるでしょうか。
余命50年というとまだまだ50年もあるのだから今日1日くらいだらだらしてもいい、のんびりいけばいいと思ってしまうかもしれません。
余命15日と言われると、急に今日は絶対無駄にできない、そういう意識になります。
でも余命50年と余命15日、何が違うのでしょうか。同じ1日ではないですか。
こういう考えは死生観を変えてくれます。死生観が変わると人生の密度が変わります。
もう一度考えてみましょう。
あと15日しか生きられない、あなたは今から何をしますか?
私も今この記事を書きながら考えています。もし自分があと15日しか生きられないとしたらどうするだろうか。
私だったら、まず優先順にやりたい事リストを作ります。
そして短い15日をどうやって生きるか、15日目になって後悔しないようにしっかり計画すると思います。
もし余命15日だとしたら。私のやりたい事リストを考えてみました。
まず一番最初に頭に浮かんだことは、
1.自分がいなくなった後、妻と娘が生活に困らないよう手配したい
そしてそれが無事できて安心したら、皆で旅行でもしたい。
でした。
余命15日だという思考実験をしてみると、今まで自分がしたいと思っていた、
自我の欲求を満足するための、中国で上場して、億万長者になる、自社ビルを建てる、大きな家を買う、高級車を買う、いい服を買う、とかそういう自己満足のお金や仕事に関することはほとんど頭に出てきません。
やはり私が心から望んでいるのはこういうものではないのです。
私にとっては妻と子、家族が最も大切なのです。
次はもし余命3年だとしたら?と考えてみましょう。
15日だと実現できることはかなり制限されますが、3年になると実現できることはかなり増えます。
3年という時間は人生を全く変えることも可能な時間だと思います。
15日だったら自分の家族の事を考えるのが精一杯です。でも3年あれば自分の家族は安心な状態にしても、さらに余剰時間があります。
ではその余剰時間で何をしたいか?
中国で上場して、億万長者になり、有名人になり、自社ビル、大きな家を建てて、高級車に乗りたいか、やはり違います。
自分がいなくなったあとも、妻と娘、特に娘はこれからまだまだ何十年もこの世界で生きていかなくてはなりません。
娘がこの先少しでもましな世界で生きていけるようにしたい、そして娘も結婚し子供ができて、その孫もよりよい世界で生活できるようにしてあげたい、
子供のために、少しでもましな世界を残してあげたい。
これが余命3年の場合の私のやりたい事です。
ではそのためには具体的にどうすればいいか、
今の世界は物質的にはほぼ満たされたましたから、やはり少しでもましな世界にするには人々の心を変えていくしかありせん。
では人々の心をどのように変えていきたいか、私の希望は世界中の人が「天国の箸」を意識してくれることです。
「天国の箸」なんて当たり前のことだ、と皆が思っているそういう世界に、自分の娘や孫が生きていける、そうしたらとても素晴らしいことだと思います。
余命15日の思考実験によって自分の心の核、最も大切なものがわかります。
そして余命3年の思考実験で、その核からどのように枝葉を発展させていきたいのか、人生の目的が見えてくるのです。
この記事を書いているうちに私もだんだん自分は何のために生きたいのかがわかってきた気がします。
自分は
「中国で上場して、億万長者になり、有名人になり、自社ビル、大きな家を建てて、高級車に乗りたい」
のかな、でもなんかちがうきがする、もやもやと思っていたのですが、はっきり違うとわかりました。
これはメディアなどが垂れ流すゴミ情報によって思い込まされた妄想です。
私が本当にしたいこと、それは
子供たちのために少しでもましな世界を残したい、
世界中の人達が「天国の箸」なんて当たり前のことだと思っている、
でも50年で全員をそうするのは難しいかもしれないので、そういう人を一人でも増やしていく、弟子システムで将来数百年、数千年かけて増殖させていく仕組みを作る、
これが私が自分の人生をかけてやりたいことだとはっきりわかりました。
ぜひこの余命15日、余命3年の思考実験をしてみてください。
自分は何のために生きるのか、ゴミ情報に惑わされた妄想ではない、
本当に自分が心からやりたいこと、そういうものがだんだん見えてくるはずです。

苦しい時は「魂の修行のチャンスを神様がくれている」

生きていると苦しい事は必ずあります。人生では楽しい事も時々はありますが、苦しみの方が圧倒的に多い気がします。人類史上最高の頭脳と精神を持っていたブッダも「生きることは苦」と言っています。

毎日仕事のストレスが大きい、会社の人間関係が嫌だ、毎日家事や育児で忙しい、夫婦喧嘩が苦しい、など普通の毎日を生きていくだけでもかなり苦しい事です。

特に中国で生活や仕事をしているといろいろなトラブルが日本の10倍はあります。

こんなに苦しいのになぜ生きていかなくてはいけないんだろう?と思う事もあるでしょう。時にはもういっそのこと人生をやめてしまいたいと感じる事もあるかもしれません。

そういう時はこう念じてください。

「魂の修行をするチャンスを神様がくれている、ありがたい」

絶対に不運を怨んだり、周りの人に愚痴を言ったりしてはいけません。不平不満を口にしたり顔にだすと苦しみに心が負けてしまうからです。

何があってもまず感謝してください。命までは取られなかった、まだあなたは命があります、それだけで感謝なのです。

人間が生きる意味=「魂の修行」

これはブッダなど昔の偉い人達が導き出した共通する定理です。

ここで言う修行というのは、筋トレのように肥大化させていくことではなく、魂についた汚れを磨いていくという意味です。

歴史上最高の頭脳、精神を持つ人達が皆共通して言っている事です。

そんなすごい人達の言っている事を信じないで他に何を信じるというのでしょうか。

そして彼らは、魂は不滅であるとも言っています。

●魂は不滅

●人間が生きる目的は「魂の修行」

●魂の修行のチャンスを神様がくれている

この3つさえしっかり覚えておけば無敵です。どんな苦難にも負けず何があっても決して心が折れる事なく、積極的に生きていけるはずです。

毎日仕事や家事育児で苦しいのも神様がくれた魂の修行です。

たとえ大きな病や事故などで大事な人を失ったとしても、悲しみのあまり後を追ってはいけないのです。神様が魂の修行をせよと言っているのです。

中国は日本の10倍はトラブルがありますが10倍魂の修行できるのです。ありがたいことです。

本当に魂は不滅なの?消えちゃうなら修行しても意味ないんじゃね?なんて考える必要はありません。人類最高の叡智をもつ人達が皆言っているのですから、彼らの言う事を信じず他に何を信じるのでしょうか。

そうやって一生懸命魂の修行を続けて魂を磨いていけば良い人生が送れる、そう信じて生きていくのです。

 

人生で1番大切な基礎「積極的な心の態度」

 

 

私達がお手伝いできること(中国生活サポート)

Photobucket

人生の目的は「魂の成長」

あるラジオ番組で北野たけしという芸能人が「俺は何のために生きるかわかんねーんだよ。生きててもしょうがねえじゃねえか。」と言っていました。芸能界ではトップクラスの成功をし財産もおそらく相当持っているはず、世間から見れば成功者であるはずなのに嬉しい感じではなく、仕事で成功してお金がたくさんあるかどうかと、人生での幸福感はやはりあまり関係がないのだなと改めて思わされました。

人間はいったい何のために生きるのか、ずばり答えを出せる人は多くはないでしょう。ある人は人生は人それぞれだから何のために生きるのかも人それぞれだね、とか言います。でもそれだと結局は生きててもしょうがねえじゃんになってしまうのです。

また人生の目的は楽しむこと、という人もいますがでは楽しくないときはどうするのでしょうか。

実は人生の目的には、答えがあります。何千年も前からこういうことを研究している人たちがいます。仏教や禅などの人達です。そして彼らは共通の答えを出しました。

人生の目的は、「魂の成長」です。

これが正解です。社会貢献するとか家族を大事にする、仕事で成功する、これは手段であって目的ではありません。人生の目的はいろいろなことを通して魂を成長させることなのです。

自分は何のために生きるのか

 

私も魂の成長という概念を知る前は、人は何のために生きるのだろうとずっともやもやしていました。でも魂の成長ということを知ってからはもうもやもやはなくなりました。

人生ではかなり強烈な苦しい事が起こる場合もあります。例えば病気になってしまったり、事故で愛する人を失ったり、仕事で大失敗するとか、そういう時にもとにかく、人生の目的は「魂の成長」なのです。

なんで嫌な仕事をしなくてはいけないのか、これで生きてて意味があるのか、と思ってしまいがちですが、そうではありません。その苦しみは神様が魂の修行のチャンスをくれているのです。

苦しいときにこれは「魂の成長」なんだと念じてください。どんな苦しみも乗り越えるパワーが心の底から湧いてくるのを感じるでしょう。

成長というと大きくなることと思うかもしれませんが、魂の成長というのは魂が大きくなることではありません。現代社会にいて魂に汚れがたくさんついてしまっています。そういう魂の汚れを磨いて落とすこと。これが魂の成長、魂の修行なのです。

人間は死ねば消えてしまうのになぜ成長が必要なの?とも思うかもしれません。でも人間は死んでも魂は消滅しないのです。

魂はエネルギー体です。もっとも身近で分かりやすい魂に近いエネルギー体は「水」です。水は永遠に消滅しません。液体になったり気体になったり形が変わるだけです。

魂も水と同じエネルギー体です。魂も永遠に消滅はせず、形が変わるだけなのです。永遠に消滅することのない魂を磨いていく、現世に行って魂を磨いてまた、前の世界に戻っていく、これが人生の意味なのです。

 

私達がお手伝いできること(中国生活サポート)

Photobucket

 

中国で起業して成功する方法

最近、中国向けのビジネスをしたいというご相談をとても多く頂いています。日本はこれから人口が減少し商売の成長は望めないから中国で商売をしたい、ということだと思います。

確かに中国の人口は日本の約10倍、これからも増え続けると予想されていますが、人口が10倍ということは競争も10倍激しい、これからもどんどん激しくなるということです。

中国は人が多いから商売もうまくいく、という考えは安易すぎます。中国向けのビジネスは日本の10倍難しいと考えても良いくらいです。中国でビジネスを経験した方なら実感していると思います。

しかしながらやはりこれから伸びしろがあるのはやはり日本市場よりも中国市場です。困難だからこそ挑戦したいというくらいの厳しい心構えが必要になってきますが、その分チャンスが大きいのも事実です。

中国ビジネスでお金持ちになる方法

 

 

私達がお手伝いできること(中国生活サポート)

Photobucket

 

部屋(アパート)を借りる in 中国の東莞常平

IMG_20150212_164727

中国の東莞常平でマンションやアパートの部屋を借りる方法は、基本的に日本とほとんど同じで不動産屋に仲介してもらって賃貸契約をします。私も最初中国へ来たばかりの頃は中国では部屋をどうやって借りるのかすらもわからなかったなあと、この記事を書きながら懐かしくなりました。

中国で不動産屋は「地産」と言います。

IMG_20150212_164744

自分が借りたいマンションの周辺で「地産」を探します。だいたい大きな看板で~地産と書いてあります。

IMG_20150212_164755

地産の入り口には物件情報が書いてあります。

IMG_20150212_164712

家賃は900元~2600元と書いてありますね。

IMG_20150212_164806

不動産屋の中はだいたいどこもこんな感じです。

IMG_20150212_165034

さっそく部屋を見学させてもらいます。

IMG_20150212_165247

廊下は結構うすぐらい。皆さんの中国のイメージよりも意外と清潔です。

IMG_20150212_165254

高層マンションです。

IMG_20150212_165412

16階の部屋なので見晴らしも良いです。この部屋で家賃は900元くらいです。

IMG_20150212_165544

部屋の中も結構きれいです。

IMG_20150212_165942

トイレ、シャワーもあります。

部屋を見学してOKなら、不動産屋のオフィスへ戻って賃貸契約をします。

日本人の場合、パスポートがあれば部屋を借りることができます。

前金は2、3ヶ月分、仲介1ヶ月、1年契約くらいが一般的です。

 

私達がお手伝いできること(中国生活サポート)

Photobucket

 

東莞で頑張る日本人の会

chang

参加方法

上のQRコードを微信(wechat)でスキャンし、「東莞で頑張る日本人の会、参加希望」とご連絡ください。

Photobucket

 

「東莞で頑張る日本人の会」とは

中国で生活しているとわからない事や困りごとなどいろいろな問題があります。そんな問題も1度経験がある人なら意外と簡単な解決方法を知っていたりします。

そんな中国生活でのわからない事や困りごとをお互い相談するための会です。

 

参加費用

無料です。お金は一切かかりません。

そのかわり自分が知っている質問をしている人がいたら教えてあげてください。

 

参加資格

天国の箸の心を持っている方ならどなたでもOKです。

基本的には中国の東莞常平で生活している、またはこれからしたい日本人のための会ですが、他の地域の方でも大丈夫です。年齢、性別、職業、住所、国籍等の制限もありません。

 

私達がお手伝いできること(中国生活サポート)

東莞常平で

●部屋やオフィスを借りたい

●役所で居留届け、婚姻届、その他届出をしたい

●銀行口座を開設したい

●中国法人を設立したい

●社員を募集したい

など、中国生活での困りごとの各種サポートをさせていただくことができます。ご相談ください。

Photobucket

日本でどうにもならなくなったら中国へ

今、日本にいるけど特に仕事の面でどうにもならなくなってしまっている、という人は結構多いのではないでしょうか。

どうにもならなくなっているというのは具体的には、仕事がない、または今やっている仕事があるけど将来が見えない、でもどうしたらいいかわからないそんな状態です。

私自身も大学を卒業し入社させてもらった日本の東証一部上場の電気メーカーを約2年で辞めた時、まだ若かったということもありどうにもならなくなりました。

それまでずっと家の中で飼われていたペットが急に家の外に放り出されたら1人ではどうやって生きたらいいかわからなくなってしまった、そんな感じです。それで私は中国へ飛び出してきました。

確かに環境とか周りのせいにばかりして自分を変えようとしないのはダメです。でもある程度今の環境で頑張ってみてそれでもダメだったらそこから一旦離れて環境を変えてみるのもいいと思います。どうにもならなくなってしまった所にずっといてももう自分では変えようがなくなってしまっているのでそうなったら外の環境を変えてみるしかありません。

環境を変える手っ取り早い方法が日本から海外へ出てみることです。海外とくに隣の中国が今ならおすすめです。日本の中にいるときは自分は多数の中の普通の一般人にすぎません。でも中国へ来ると日本人というだけで周りの人達と差別化ができます。

経済的には中国はもうすぐ世界一になります。日本は経済ではもうかないませんが文化レベルではまだまだ日本の方が高いです。文化レベルが高く、日本の事もよく知っていて日本語もペラペラというだけで特殊能力を持った人になれるのです。差別化ができるとそこで仕事をするチャンスも生まれます。

中国へ出ると言っても中国語もできないし何をしたらいいのかまったくわからないし具体的な計画もない、そんな状態でも今のどうにもならない場所にいるよりはよっぽどいいです。とりあえず現地に行ってみてから考えればいいのです。自分の今までの範囲内にいる限りその範囲内の情報しか入ってこないのでそこから抜け出すことはほぼ不可能です。思い切ってそこから飛び出してみると今まで入ってこなかった情報が入ってくる、そうすると自然に今まで見えていなかったものが見えてきて、現状から抜け出す方法も見つかるかもしれません。

賢くて頭の良い人ほど頭の中で考えて言い訳ばかりしています。机上の空論、理屈はいいからまず実行です。現実はハプニングばかりで事前にいくら用意周到な計画をしてもほぼ計画通りにいくことはありません。要するに頭の中で計画ばかりしても無駄なので実行してみるそして実行しながら修正していくしかないのです。

実行してたくさん失敗してコツコツ経験を積んでいくと、いつの間にか他の人からすごいですねと言われるくらい能力が身について、その能力を活かして他の人のお手伝いをしてお金をいただいて生計を立てられるようになるものです。生計をやっと立てるレベルではなくて大成功という場合もあると思います。

もし現状でどうにもならないと感じていたらとりあえず中国の東莞や広州へ来てみてください。卸市場などもたくさんありいろいろ見れるので面白いです。

日本で人生に行き詰まったら、リュックサックを持って海外へ

中国で生活やビジネスをするコツ

bannerjigokuyoko

中国での生活はいろいろな事が起こります。日本だったらありえないような事が起こります。

例えばホテルに泊まったら部屋の鍵が壊れているとか、電車のチケット売り場で平気で割り込んでくるとか、やたらと車がクラクションを鳴らしてくるとか、役所で申請に行ったらたらい回しにされるとか、あげたらきりがありません。

こういうことをいちいち気にしていたら中国では生きていけません。

基本的に中国では、

「思い通りにならなくて当たり前、なったら奇跡」

私はいつもこのように考えています。

「中国の役所でビザの申請をしたいから、いつまでこれをしていつまでにあそこへいって、あれをすませれば、何日までには全て完了できる、」

こういう計画は中国ではまず思い通りには進みません。日本で生活しているときはこういう方法が基本でしたが中国では違います。

役所が急に休みだったり、役所の人の誤字脱字があって再申請になったり、書類を紛失されたり、日本だったらありえないようなトラブルが起こります。これが中国なのです。

基本的に、「思い通りにはならない、なったら奇跡」、最初からこういう心構えでいること、これが中国で楽しく生活できるコツです。

中国での仕事や人間関係にしても同じです。私の場合は良い意味で最初にあきらめています。

「他人は自分の思い通りにはならない、なったらラッキー」

中国の工場は商品の納期遅れも良くあります。でも納期が遅れて当たり前なのです。トラブルになったら納期遅れをあらかじめ想定してバッファーをもたせていない、自分の責任なのです。

中国人パートナーや中国人社員が問題ばかり起こして困る。でも他人はできなくて当たり前なのです。他人を変える事はできません。自分を変えるしかありません。

このようにいつも考える習慣ができるようになれば自然に中国での仕事や人間関係もスムーズにいくようになるものです。反対に周りが悪いんだ、何でこんなこともできないんだとか、と不平不満を言ったり、相手に怒りをぶつけているようではまだまだです。相手はあなたのために生きているのではないのですから、あなたの思い通りにならなくて当たり前なのです。

 

 

人間だけが感情をコントロールできる

何かトラブルがあったときに、どういう反応をするかは自分で選択できるのです。これは非常に重要です。

降りかかる災難は選べないが、反応は選べる

 

 

不平不満を絶対に言わない

不平不満は絶対に口にしてはいけません。不平不満な事をもっと引き寄せるだけです。

積極的な心の態度

 

 

人を大事にする

他人というのは自分の鏡のようなものです。人を傷つければ自分も傷つきます。人を喜ばせれば自分もうれしくなるのです。

人を大切にすべき理由