月別アーカイブ: 2020年7月

ミセスアパレル仕入れなら中国広州

Photobucket

LINE(ライン): d369
wechat(微信): den20140301
Eメール: info@microbe.jp

私達がお手伝いできる事、広州市場買付代行

 

 

中国広州直仕入れなら安く買える

ミセスアパレルのお店をされている方は多くが日本のアパレル問屋から仕入れていると思います。でも日本のアパレル問屋さんも実はほとんど中国の広州から買い付けています。なので自分で中国広州から直仕入れすれば問屋さんの中間マージンがないので当然安く買えます。日本の問屋さんの半額や三分の一以下の価格で買えるものもあります。

中国広州直仕入れのデメリット

問屋さんを通さずに中国広州から直仕入れをすれば確かに安く買えます。しかし、安い分品質に良く注意しなくてはなりません。日本では不良品がなくて当たり前という感じですがそれは問屋さんが頑張って不良品をはじいてくれていたからなのです。中国では不良品は当たり前なので問屋さんを通さず中国直送の場合は不良品がごっそり届くという可能性がとても高くなります。自分で不良品対応をする必要があります。

日本の問屋さんは不良品があれば返金してくれますが、中国から直仕入れする場合には返金が難しいのです。中国へ返送する国際送料がとても高いので返金しても損になってしまうからです。

なので中国から発送する前に検品業者を入れる、さらに中国直仕入れの場合はある程度の不良品があっても大丈夫なように数量や利益にバッファーをもたせておく、多少の不良は仕方ないという考え方でいかないと中国広州直仕入れはスムーズに進まないでしょう。

韓国「東大門」の服、実は中国広州で生産

韓国の東大門でアパレルを買付けている方も多いと思いますが、韓国の市場と同じ服を広州のアパレル市場で見かけることも多いです。なぜなら韓国の服もほとんどは中国の広州で生産されているからです。広州で買付けをするならもう韓国へ行く必要性はほとんどないでしょう。

 

広州のミセスアパレルで最も有名な「白馬市場」

広州のアパレルで有名なのはやはり白馬です。広州で一番古くからあるアパレル市場です。地下にパンツ、デニムなど。1階は若めのレディース服。2階はメンズ、3階以上はミセス。

白馬市場は今ではもうほとんど小売店のような感じになってしまいました。値段も卸市場とは思えないくらい高くなってしまってここで実際に買い付けできるものは少ないです。ほかの市場になくて白馬にしかない服を仕方なくここで少しだけ買うというのがだいたいのパターンです。

白馬市場で見た同じ服が沙河市場で半額売っているということもよくあるので、高いのを買ってしまわないように注意しましょう。先に最安値の沙河市場をまわって買付けを一通り済ませてから、その後補足で白馬を見に行くというのがベストです。

 

広州ミセスアパレルの中心地「十三行市場」

広州ミセスアパレルと言えば十三行市場の新中国と隣のHBTです。

 

広州アパレル最安値の「沙河市場」

広州でのミセスアパレルの買い付けの主力はこの沙河市場になります。広州では最安値のエリアなので量を買いたい場合はここです。

金馬服装市場、隣の新金馬、南城、万佳があります。

 

微信图片_20190428234720

広州卸市場の新作が見れる「広州アパレル連合」LINE(ライン)グループ

 

自分のアパレルブランドを作って売る方法

Photobucket

LINE(ライン): d369
wechat(微信): den20140301
Eメール: info@microbe.jp

私達がお手伝いできる事、中国広州アパレル市場買付代行

 

タレントさんが自分のアパレルブランドを作ったというニュースを最近よく聞きます。実はとても簡単で大きな資金が必要ということもないので個人でもできます。インスタグラムなどである程度フォロワー数があるならただの転売から卒業して、ぜひ自分のブランドを作ってファンを増やしていきましょう。うまくいけば思った以上の成功をつかめるかもしれません。

 

世界観(なぜそれを売るのか)を明確にする

なぜそれを売るのか、ただお金儲けがしたいから、というだけではファンはついてくれないでしょう。人を引き付けるような明確で熱い信念が必要です。今後全ての軸になってきます。これが最も重要です。この店長さん熱いなあと思われるくらいでないとファンはなかなかついてくれません。

 

ターゲットを決める

30代~40代の女性、というように対象を決めます。なるべくニッチなところがおすすめです。

 

ブランド名とロゴマークを決める

ブランド名とロゴマークを作ります。今後は服のタグにブランド名やロゴを入れて販売します。

 

自分ブランドの服を作る(仕入れ)

自分のアパレルブランドと言ってもデザインから作る必要などありません。中国広州のアパレル卸市場から自分が売りたい服を仕入れればいいのです。日本のアパレル卸サイト、ネッシー、スーパーデリバリー、などのアパレル問屋さんもほとんどは中国の広州から仕入れしています。

そして仕入れた服に自分のブランド名のタグを付け替える、これだけで自分のアパレルの完成です。

 

服のタグ、梱包袋を作る

品質表示タグ、吊下げタグ、梱包袋も中国広州に発注すれば簡単に作れます。

 

販売する

せっかく作っても売れなければどうにもなりません。やはりどうやって売るかが大事です。

なるべくお金をかけずにできるネットを活用します。おすすめ順に

インスタグラム

paypaフリマ

ラクマ

メルカリ

creema

minne

このあたりです。

楽天、zozo、shoplistなどもありますが出店費用がかかるので後でもいいです。とりあえずは出店費用のかからない所で始めましょう。

ちなみにamazonはアパレルにはあまり向いていないと個人的に感じています。

やはり自分のアパレルブランドを育てていくならまずはインスタから始めましょう。

 

微信图片_20190428234720

広州卸市場の新作が見れる「広州アパレル連合」LINE(ライン)グループ