アクセサリー工場(シルバー925、鋳鉄の指輪、ペンダントなど)の見学 in 東莞 長安

Photobucket
広州の卸売市場を網羅した新広州卸売市場マップ

日本からのお客様と一緒にアクセサリー工場(シルバー925、鋳鉄の指輪、ペンダント、イヤリング、ブレスレットなど)の見学に東莞市の長安という場所へ行きました。広州の卸市場にある問屋でも、元をたどればこの東莞市の長安にある工場で作っているという問屋もけっこう多いです。

20140903_094923 20140903_101025 20140903_103714 20140903_101146

常平駅前まで工場の人が車で迎えに来てくれることになっているので、常平の事務所からバスに乗り常平駅へ向かいます。常平はバスがたくさんあるのでとても便利です。バスの料金はどこまで乗っても一律2元(日本円で35円くらい)と激安です。常平駅に到着後、工場が用意してくれた車に乗り込んで長安へ出発です。

20140903_153532 20140903_155349

車で40分くらい走って東莞市の長安に到着。この長安には工場がたくさんあります。広州の卸市場で売っている問屋の中にはこの長安にある工場から仕入れているアクセサリー問屋も多いです。途中で「長安イーウー小商品城」というかなり気になる市場を見つけました。今日は工場でのアポイントがあるのでまた時間のあるときによってみようと思います。

20140903_155447 20140903_155456 20140903_155507 20140903_162844 20140903_161841 20140903_155842

工場に到着後、直接工場の社長と打ち合わせをします。私達がつきあっている工場はほとんど社長が直接商談してくれる中小工場ばかりです。あえて中小工場ばかりを選んで取引しています。大きい工場はロットの要求がきびしかったり、社長と直接商談するのも難しいので不便だからです。値段交渉やそのほかOEMの相談など社長と直接するのが一番スムーズなのです。

OEM、オリジナルデザインのリング、ペンダント、イヤリングなどのアクセサリーを作りたい場合にはCADソフト(無料のE-drawingなどがお勧めです)でデザインを作って工場に渡せばすぐ作ってくれます。納期は約2週間です。またはCADができなくてもCADは工場に任せてイラストだけでもできます。

20140903_160152 20140903_160114 20140903_160059 20140903_160047 20140903_160000 20140903_155956 20140903_160159

パジャマのような服をきた短髪の男性が社長です。若く見えますが44歳とのこと。最初はアクセサリー工場で勤務していてその後、自分で独立したそうです。いまは社員が50人くらいいます。オフィスもかなり大きいです。打ち合わせの後、工場内の作業場を見学します。生産体制がしっかりしているか、工場の財務状況は問題ないかなど、工場を一通り見せておいてもらえば今後発注するときも安心です。

20140903_160229 20140903_160225

これがシルバー925と鋳鉄の指輪の金型です。金型というごつい金属の塊をイメージしますが、こちらはまるでプラスチックのおもちゃのように見えます。金型の代金はデザインにもよりますが300元(日本円で5000円)くらい、納期は約2週間とのことです。この金型なら確かに安価に短期間でOEMできるのも納得です。アクセサリーの業界はスピード勝負の部分もあるのでこのようにより安価でより早く進歩してきたのでしょう。

20140903_160623 20140903_160621 20140903_160524 20140903_160419 20140903_160346 20140903_160341 20140903_160319 20140903_160308

こちらは研磨の作業場などです。

20140903_160748 20140903_160753

この白いセメントのような液体で金型を作っています。金型の製作から研磨、塗装までこの工場内で全てできるようになっています。よくここまで仕組みを作り上げたものだと本当に関心します。

20140903_163056 20140903_213835 20140903_184109

帰りは社長が車で送ってくれます。途中食事もいただきました。親切にしてもらうとこちらもお返しに工場の売り上げに貢献しようという気持ちになります。工場の一担当者だとただ毎月の給料をもらえればいいとういい加減な担当者がいる場合もありますが、経営者はほとんどみんな自分の会社の売り上げを伸ばすために必死なのでお客さんとのつながりを大切にする姿勢をもっています。もしここで私達が冷たくあしらわれたとしたらまずこの工場に注文することはないですから、やはり人を大切にする態度を持っていないと会社経営はやっていけないのかもしれません。私もちゃんと見習いたいものです。

 

gyoumu

お問い合わせ

弊社の中国広州現地スタッフがOEM生産、オリジナル商品作り、中国広州仕入れ、卸市場アテンドなどのお手伝いをさせていただきます。お気軽にご連絡ください。

弊社へご連絡をいただくときに1つだけお願いがございます。詳しくはこちらのページをご覧ください。

【天国の箸(はし)、地獄の箸】弊社へご連絡いただく前に

Photobucket

ご連絡はこちらから

またはお電話、Eメール、スカイプ、ラインでもどうぞ。

TEL: 080-7005-9039(日本直通電話)

TEL: +86-18819117242(中国現地直通電話)

Eメール: info@microbe.jp

スカイプ: sk188103

ライン: den20140301

アクセサリー工場(シルバー925、鋳鉄の指輪、ペンダントなど)の見学 in 東莞 長安」への2件のフィードバック

  1. Takumi Endo

    傳田 様

    はじめまして。私は2〜3ヶ月に1度中国へ行っております。
    主な目的は単純に ” 売れるものを安く仕入れたい ” です。
    時にはリクエストをもらい、探したり、作ったりもしました。
    しかし、中国仕入れは行動力だけでは上手くいかず…
    言葉の壁も悩みのひとつです。
    また、
    「外見は最高なのに性能が…」「打ち合わせのサンプルと違う…」
    など、ストレスの日々。
    効率悪さを解消しなければとネット検索していて
    今に至っております。

    商材や目的がハッキリしてないのに
    不躾…ですが

    ご教授願えませんでしょうか?
    または、お時間ございましたら
    一度お会いできますでしょうか?
    私は5日より中国を予定しております。

    お忙しい中、申し訳ありませんが
    よろしくお願いいたします。

    遠藤。

    返信
    1. admin 投稿作成者

      遠藤様

      ご連絡ありがとうございます。
      はい、確かに中国輸入は言葉の壁などいろいろ大変ですよね。
      お答えできることでしたら何でも大丈夫ですのでお聞きください。

      私もいつも中国の事務所におりますので、ぜひいらっしゃってください。
      ではお会いできるのを楽しみにしております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      傳田

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>