カテゴリー別アーカイブ: 広州アパレル連合

【zoomでライブ配信】中国広州(東莞)出張検品代行【インライン検品】

微信图片_20211031235030

 

中国広州(東莞)レディース服検品のスペシャリストチームが御社の検品を現地からサポートします

現在中国への渡航が難しくなっております。御社の社員の代わりに中国広州(東莞)の工場へ出張し検品(インライン検品)を行います。第三者検品会社とも提携し月間30万枚にも対応できるアパレル検品のスペシャリストが御社の検品作業をサポートさせて頂きます。

zoomやLINEのライブ配信で現地検品作業を動画で確認や指示をしていただくことが可能です。

詳細についてはご連絡ください。

中国広州(東莞)出張検品代行のご相談

Photobucket

ライン(LINE): d369
Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301

不良品の例

特にレディース服については長年の検品経験から服の不良パターンを知り尽くし、不良が出やすい箇所も事前に把握し検品チェックリストを作成します。

微信图片_20211031232526

(小さな染み、汚れ)特に白地は要注意です。ほとんどは生地の段階ですでに汚れてしまっている場合が多いです。汚れている生地の部分ははねてもらうようにします。

微信图片_20211031224318

(糸のほつれ)生地の色の変わり目で糸がほつれ易いため発生します。糸をしっかり切るか固定します。

 微信图片_20211031224326

(よれ)経験の浅い縫製工員が縫うとこうなります。熟練工員に作業を担当してもらうようにします。

微信图片_20211031224338

(ずれ)生地の裁断時に型通りになっていない、または縫製時にずれてしまうと発生します。裁断ミスの生地は使わないように指示します。

微信图片_20211031224302

(縫製ミス)人手不足で急に募集された経験不足の臨時工員は縫い間違いが多いです。熟練工員に作業を担当してもらうようにします。

微信图片_20211031224343

(穴あき、キズ)工場が不衛生だと虫やネズミが来てかじることもあります。作業台で飲食させない、そしてしっかり掃除するよう指示します。

微信图片_20211031224400

(縫いもれ穴)経験がたりない縫製工員の注意不足です。

微信图片_20211031224355

(スペル間違い、位置ずれ)多少ずれるくらい問題ないという中国感覚が原因です。検品を強化し間違っているのは破棄します。

微信图片_20211031224314

(染み、汚れ)作業台の上で工員に飲食させる工場も結構多いので汚れます。作業台で飲食させない。白いシートを敷く。

不良が発生する原因も熟知しているので、工場に的確な改善指示を出すことができます。

 

中国と日本の感覚の違い

中国と日本の感覚についてもよく知っておく必要があります。中国でもっとも大事なのはお金よりも面子であるということです。取引先の工場に品質改善の指導をする時にも、決して相手の面子を潰すような言い方をしてはいけません。面子を潰された中国人はそれ以降一切あなたの言うことを聞かなくなります。

上司だろうがお得意先だろうが部下だろうが下請けだろうが中国では上下関係はありません。皆公平です。これが中国の考え方です。日本人の感覚からはかなりかけ離れています。そのため中国の工場と関係を悪くしてしまい仕事がまともに進まなくなってしまう日本人も多いです。相手が下請けの下っ端だろうが常に相手を尊重する態度で接しなくてはいけません。下っ端の人達に嫌われてしまったら中国では終わりです。みんなが喜ぶようなお土産を持っていって全員に配りましょう。

 

日本と中国では不良品の定義が違う

そもそも何を不良品と言うのでしょうか。それも日本と中国ではかなり違います。服に1ミリくらいの小さい黒い点シミがついている。これは日本では完全に不良です。ですが中国では1ミリのシミは不良ではありません。日本レベルの不良品の基準を工場によく説明し理解してもらう必要があるのです。

日本のエンドユーザーは本当に品質に厳しいです。お店で買い物をして小さい汚れでもついていようものなら店員に土下座させるようなモンスタークレーマーまでいます。1000円の安い服を買ったらそれなりの品質なのですが、そうではありません。安いものを買う客ほどクレームをたくさん言います。

中国ではよほどの大きな汚れや穴でない限りそこまでさせるようなクレーマーは少ないです。中国はそれくらいしょうがないか、それが普通の感覚です。中国とは違って日本にはモンスタークレーマーがたくさんいる、だから日本レベル品質が必要なんだよと中国の工場に説明してあげるのです。そうすると相手も納得します。何の説明もなしでは相手も納得してくれません。

 

広州(東莞)の工場へ出張し検品指導(インライン検品)

工場にメールで不良改善要求してもなかなか不良が直らない場合には弊社スタッフが直接工場へ出張し不良原因になっている工程ラインのチェック、改善指導を行います。これにより不良品が劇的に減ります。youtube動画もご覧下さい↓

微信图片_20211031235030

2021年、競争よりも協力の時代です

67007A1A-E427-415E-811E-236516D0F653

(天国と地獄の箸)

天国と地獄ではとても長い箸でご飯を食べるという規則があります。でもこの箸は長すぎて食べ物をつまんで自分の口へ入れることができません。

地獄の人達はこの箸で我先にと食べ物をつまんで自分の口へ入れようとしますが、箸が長すぎて口に食べ物が入りません。

そのうちにお互いに食べ物の奪い合いを始めます。またある人は規則をやぶって素手で食べようとします。

奪い合いと混乱の世界、これが「地獄」です。

一方、天国の人達は長い箸で自分の口へ食べ物を入れるのではなく、隣の人の口へ食べ物を入れてあげます。

すると隣の人は「ありがとう」とお返しに食べ物をこちらの口へ入れてくれます。

思いやりと感謝の世界、これが「天国」です。

中小アパレル業者の助け合い「広州アパレル連合」

 

もう競争の時代は終わり、2021年からは協力の時代

2020年頃から環境が急速に変化しています。あまりに変化が激しく、複雑性も増しているので生き残っていく難易度レベルがとても上がっています。上のお話でいうと今までは箸の長さが1mくらいだったのでなんとかなっていたのですが、近年では箸の長さが3m、5m、10mとどんどんのびていてご飯を食べる(商売で利益を出す)のがとても難しくなっているのです。

要するにもう人と助け合わないと全くご飯が食べれなくなってしまってきているのです。自分だけ食べれればいいという人は滅んでいきます。

日本終わったとか世界が破滅するとか悲観的な事を言っている人もいますが、私は全くそうは思いません。この世界はますます良い方向へ向かっています。思いやりがあり誠実な人が成功していくという素晴らしい世界になってきているのです。

他人を軽んじない、他人を苦しめない

 

天国か地獄、選ぶのは自分

地獄か天国、あなたはどちらがいいでしょうか。自分の周りの人達がみんな笑顔でいてくれた方が嬉しいと感じるはずです。それを決めるのはあなたの行動次第です。

思考は脳の分泌物にすぎない、自我に執着しない

 

(追記)与える相手はよく選びましょう

世の中には残念ながら相手からただ奪うだけの人もいます。口にご飯を入れてもらっても感謝せずラッキーとしか思わない人です。私は相手から何か与えてもらったら何とかしてそれを上回るお返しをしないといけないと焦ってしまいます。でもそう思わない人も世の中にはいるということです。人に食事をおごってもらって小銭を得したラッキー、それだけの人です。そういう人をテイカーといいます。

そういうただ相手から奪うだけのテイカーとは付き合ってはいけません。そういう人と会ってしまったら私は静かにフェードアウトしていきます。与えることができる食事やお金は限られています。誰に与えるか相手はしっかり選ぶのもとても大事です。損得勘定ということではなくて馬の耳に念仏をいくら唱えてあげてもしょうがないということです。しっかり相手を選べばそれは相乗効果的になってお互いとても良い関係が築けます。

Please contact us お問い合わせ

微信图片_20210713111649

wechat(微信):   den20140301

We have ladys clothes suppliers and factories in china guangzhou. To order please contact by wechat.

中小アパレル業者様向けの買い付け代行です。中国広州のレディース服卸市場専門。wechat(微信)でお問い合わせください。

【中国広州アパレル卸市場専門】仕入れ代行No1

 

Screenshot_20200104_052824

↑youtube広州アパレル卸市場動画ch

 

【中国広州市】店主がホームレスに水をかけている

微信图片_20210901110037

Teach all people to be merciful. Tell everyone not to kill living creatures. Let animals live in peace.

写真は中国広州市で、店主がホームレスにバケツで水をかけている様子です。

もし自分の父や母、子供や友人だったら水なんてかけないはずです。なのになぜホームレスには水をかけるのでしょうか。いくら店の営業妨害になるからといってもたかだか一晩だけです。毛布と食事をあげればいいのです。自分さえよければいいと、他人を苦しめることは自分を苦しめることと完全に同じなのです。他人と自分を分けているのはただ脳の妄想です。それがわからないのは本当に愚かすぎます。

他人を軽んじない、他人を苦しめない

思考は脳の分泌物にすぎない、自我に執着しない

IMG_20190914_072301

We have ladys clothes suppliers and factories in china guangzhou. To order please contact by wechat.

中小アパレル業者様向けの買い付け代行です。中国広州の婦人服卸市場専門。wechat(微信)でお問い合わせください。

Please contact us お問い合わせ

微信图片_20210713111649

wechat(微信):   den20140301

【中国広州アパレル卸市場専門】仕入れ代行No1