中国輸出入・中国向けEC・タオバオ・微信(wechat)ガイド

支付宝(アリペイ)に充値(チャージ)する方法

支付宝(アリペイ)に充値(チャージ)するには基本的に下記の4つの方法があります。

 

1.中国の銀行のネットバンキングを使ってチャージする

2.中国のコンピニでチャージカードを購入してチャージする

3.他の人のアリペイから送金してもらってチャージする

4.タオバオで商品を販売し、商品代金を受け取るという形でチャージする

 

 

各方法の詳細をご説明します。

 

1.中国の銀行のネットバンキングを使ってチャージする

 

まずは支付宝(アリペイ)の画面を開きます。

支付宝(アリペイ)の画面を開く方法

 

支付宝(アリペイ)の画面を開くと充値(チャージ)というメニューがあるのでここをクリックします。

 

そして次の銀行選択画面で自分の銀行を選びます。

個人情報、銀行情報を入力する画面が表示されます。

個人情報入力画面で身分証番号を入力する必要がありますが、この身分証番号は中国の身分証番号しか使えません。日本のパスポート番号を入力してもエラーになり次の画面へ進むことはできません。

 

(例外的に中国銀行と中国工商銀行は外国のパスポート番号も入力できますが、去年頃から中国銀行と中国工商銀行の銀行口座開設には中国での労働証明書が必要になっています。)

 

要するに中国での労働証明書がない外国人はこのネットバンキングを使ってチャージする方法は使えないということです。

 

 

 2.中国のコンピニでチャージカードを購入してチャージする

 

中国のコンピニで支付宝(アリペイ)にチャージするためのカードを現金で購入することができます。このカードにはチャージ番号が記載されています。

1番目の方法と同様にまずは支付宝(アリペイ)の画面を開きます。支付宝(アリペイ)画面内の充値(チャージ)をクリックして、话费卡を選択するとチャージ番号を入力する画面が表示されます。ここにカードに記載されている番号を入力するとチャージ完了です。

 

 

3.他の人の支付宝(アリペイ)から送金してもらってチャージする

 

他の支付宝(アリペイ)を持っている人に自分の支付宝(アリペイ)へ送金してもらってチャージします。

通常日本に住んでいる日本人にとってはこの方法が一番スムーズだと思います。

 

 

4.タオバオで商品を販売し、商品代金を受け取るという形でチャージする

 

タオバオで商品を売れば買い手から商品代金が支付宝(アリペイ)へ送金されるという形でチャージできることになります。

 

 

普段日本に住んでいる日本人が支付宝(アリペイ)へチャージするには上記の3番の方法「他の人の支付宝(アリペイ)から送金してもらってチャージする」というのが最もスムーズだと思います。

 

普通タオバオで商品を購入して支付宝(アリペイ)で代金を支払うときには、いちいち支付宝(アリペイ)にチャージせず銀行口座から直接商品代金を引き落とすようにすることができるので実際には支付宝(アリペイ)へ充値(チャージ)するということはほとんど必要がありません。

 


お問い合わせ

中国買い付け、中国向けネット販売、その他のご相談などお気軽にご連絡ください。 Photobucket
お問い合わせフォームはこちら 
  
微信(wechat)、Eメール等でもどうぞ。 
微信(wechat): den20140301 
Eメール:  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  
スカイプ: sk188103 
TEL: +86-18819117242(中国直通)  
TEL: 080-7005-9039(日本直通) 

 

会社情報

傳田貿易有限公司(中国現地法人)  住所:広東省東莞市常平鎮一街61号建王ビル6F(中国オフィス) 

HP: http://www.microbe.jp/

弊社代表プロフィール

傳田 英治(Denda Eiji)、珍しい名字ですが生粋の日本人です。

MY MISSION: 人の役に立つ

性別:男性(40)

血液型:A型

趣味:坐禅、読書、登山

出身地:日本(長野県)

出没地:日本、中国、インド

出身校:慶應義塾大学院(理工学研究科)

職歴:大学卒業後、日立に入社。大手銀行のシステム開発部門に配属。当時大手銀行の統合が相次ぎ、システム統合業務は混乱状態。激務に耐えきれず逃げるように1年半で退社。そして日本社会からドロップアウトしてしまったショックから海外放浪(中国、インド)へ。その後、このままではいけないと考えなおし貿易サポートの仕事を開始。

ホームページ: 禅ノート

ブログ: ネット中国輸出ニュース

ブログ: 中国広州仕入れ、広州バイヤーニュース

 

弊社スタッフプロフィール

呉(ご)、DENDA TRADING チーフマネージャー

日本の文化にとても興味があります。

日本語ももちろんできます。

日本の習慣を良く理解していますのでご安心ください。

 

趣味:日本語の勉強

出身地:中国

職歴:日本語学校の教師を5年。その後、傳田貿易入社。