東莞常平(中国)に滞在するための手続き、ビザなど

bannerjigokuyoko

東莞常平(中国)に滞在するために必要なもの

日本人が東莞常平(中国)に滞在するためには下記の申請手続きが必要です。

●臨時宿泊登記

●中国のビザ(査証)

●外国人居留許可

 

中国のビザ(査証)

日本人が中国に来て旅行など一時的に滞在する場合には15日以内であればビザは不要です。中国から香港などの国外に一旦出国すると日数はリセットされてまた15日滞在が可能になります。またもしビザなして15日以上滞在し、オーバーステイになると中国の公安へ罰金を払ったりしなければならずかなり面倒になるのでよくご注意ください。

日本人が中国に滞在するためのビザの種類

 

 

Q1ビザ(親族訪問査証、180日以内)

Q2ビザ(親族訪問査証、180日以上)

 

 

中国のビザ(査証)を取得する方法

 

申請場所: 地元の公安局外国人管理出入境管理処(東莞市公安局出入境管理科)

住所: 東莞市莞城区東城西路191号

営業時間: 月曜日~金曜日、8:30-12:00、14:00-17:30

電話番号: 22480057、12345

 

 

Q1ビザ(親族訪問査証、180日以内)

Q2ビザ(親族訪問査証、180日以上)

必要書類:
中華人民共和国査証申請表
招聘状
招聘者の中国身分証
申請者の日本の戸籍謄本
写真1枚
パスポート

 

 

居留許可

中国のビザ(Q1、Z、X1、S1)を取得した場合、中国へ入国後30日以内に地元の公安局外国人管理出入境管理処(东莞市公安局出入境管理科)で居留許可の手続きが必要です。

 

Q1ビザで入国の場合

必要書類:

申請書

写真

地元の派出所またはホテルが発行した宿泊登記証明

パスポート

訪問相手の身分証、家族関係文書

地元の病院発行の健康証明

 

 

 

臨時宿泊登記表

中国に到着後、24時間以内に地元の派出所に申請する必要があります。

ホテルに宿泊する場合はホテルが申請してくれます。ホテル以外に宿泊する場合は自分で申請します。

申請場所: 地元の派出所

必要書類:

パスポート、または居留証

宿泊先の家人の戸口簿

 

その他の役に立つ情報

中華人民共和国在日本大使館

東莞市公安局ホームページ(中国語)

在広州日本国総領事館

在中国日本国大使館

ジェトロホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/