日本人と中国人の結婚登録の方法

日本人と中国人で結婚登録をする場合には、日本側と中国側の両方で登録が必要です。

先に中国側で結婚登録をし、その後日本側で結婚登録をする方が手続きが楽になります。逆にすると少し面倒になってしまうで注意が必要です。要するに日本側で作成された書類を中国の役所はなかなか受け付けてくれないので先に中国側で登録を済ませた方がよいということです。

A.中国側での結婚登録をする

1.まずは日本の役所で戸籍謄本を取得する必要があります。本人が中国にいる場合には日本の家族などに頼んで中国へ送ってもらいます。

 

2.次にいわゆる独身証明書、正式名称だと婚姻要件具備証明書を用意します。

広東省の場合には広州日本領事館へ戸籍謄本とパスポートを持っていって申請書を書くと発行してもらえます。

 

3.中国人の相手の故郷の婚姻登記所で婚姻登録をする

中国人の相手の生まれ故郷の婚姻登記所に行き、婚姻届を記入し上で用意した婚姻要件具備証明書、パスポートを提出します。今すんでいる場所の婚姻登記所ではできないので必ず中国人の相手の生まれ故郷の婚姻登記所へ行く必要があります。

 

詳細はこちらにもまとめましたのでご覧ください。

中国での結婚手続き方法

 

 

B.日本側での結婚登録をする

上記Aの中国側での婚姻登録が済んでいれば中国の結婚証はすでにお持ちだと思います。日本側への結婚登録はAほど面倒でないのでご安心ください。

1.まずは結婚証などの必要書類を用意します。

日本人本人が中国にいる場合には日本の家族に頼んで戸籍謄本2通を中国へ送ってもらいます。

2.広州日本領事館で婚姻登録をする

戸籍謄本、結婚証、日本人と中国人のパスポートをもって広州の花園ホテル内にある日本領事館へ行きます。窓口で婚姻登録をしたい旨を伝えます。

婚姻届、パスポートの和訳文、結婚証の和訳文と見本が渡されるので、書類に記入します。

全部記入したら窓口のベルを鳴らして係員に書類を提出します。書類チェックに10分くらいかかります。もし修正がある場合はその場で書き直すように指示されます。

書類が全てOKになったら、終了です。特に交付される証明書等はなく約一ヵ月後に日本の戸籍に中国人の相手が記載されますとの旨を伝えられるだけです。

以上で完了です。

 

詳細は下記にもまとめましたのでご覧ください。

(必要な物)

・婚姻届、2通

・日本人の戸籍謄本、2通

・結婚公証書または結婚証

・結婚相手の国籍公証書またはパスポート

・結婚公証書または結婚証の和訳、2通

・結婚相手の国籍公証書またはパスポートの和訳、2通

(手続きをする場所)

在広州日本国総領事館:広州市環市東路368号花園大厦

電話:020-8334-3009(代表)

業務時間

土曜日、日曜日、休館日を除く 8:45-12:00 13:45-17:00

 

中国(東莞常平)の病院マップ

普段の生活では病院に行くことはほとんどないと思いますが、万一の病気や怪我のときに重要なのが病院です。どこにあるか、どこなら安心かといった病院の情報はおさえておくべきです。

map

 

中国(東莞常平)の病院はこちらです。安全順。

changpinbyouin1

1.東莞市常平人民医院(総合病院)

住所:东莞市常平镇板石大道82号

電話:(0769)83912333

常平で唯一の公立病院、大きさも最大です。私立病院に比べて信頼性があります。

 

1615295144

2.東莞市常安医院(総合病院)

住所:东莞市常平镇环常西路常安路1号

電話:96233

大きな銅像がある病院です。病院の規模も大きいです。

 

 

1615295144

番外.东莞常平玛莱妇产医院(産婦人科)

ここは産婦人科専門の私立病院ですが、赤ちゃんがなくなったとかあまり評判がよくありません。施設、設備はきれいですが診察料もかなり高いです。やはり私立は経営状態や老板の能力等に左右される部分が多いので公立に比べると少し心配です。