中国東莞で起業・セミリタイア生活しよう

openoffice3中国起業専門コワーキングオフィススペース「傳」in 中国東莞

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
ライン(LINE): d369

今、中高年のひきこもりは日本に61万人もいるそうです。日本で生活や仕事をしているけどこの先どうしたらいいのかわからず、どうにもならなくなってしまっているという人がかなり増えています。今やっている仕事があるけど将来が見えない、または仕事がない、でもどうしたらいいかわからないそんな状態です。

外へ出てみよう

そういう人は一旦日本から出て外国、特に中国へ行ってみるのもおすすめです。家の中にずっと引きこもっていると自分でも気が付かないうちに視野がどんどん狭くなってしまいます。ノイローゼの初期症状は視野狭窄なのです。そしてますます悪いスパイラルにはまって最後は。。。とならないうちに一旦中国へ旅行でもして気分をリセットしてみましょう。

日本で人生に行き詰まったら、リュックサックを持って海外へ

私自身も日立を約2年で辞めてしまった時、まだ若かったということもあり、また軽いノイローゼになっていたのでしょう。視野が狭くなってしまっていてどうしたらいいのかわからず、どうにもならなくなりました。

それまでずっと家の中で飼われていたペットが急に家の外に放り出されたら1人ではどうやって生きたらいいかわからなくなってしまった、そんな感じです。それで私は中国へ飛び出してきました。

確かに環境とか周りのせいにばかりして自分を変えようとしないのはダメです。でもある程度今の環境で頑張ってみてそれでもダメだったらそこから一旦離れて環境を変えてみるのもいいと思います。どうにもならなくなってしまった所にずっといてももう自分では変えようがなくなってしまっているのでそうなったら外の環境を変えてみるしかありません。

環境を変える

環境を変える手っ取り早い方法が日本から海外へ出てみることです。海外とくに隣の中国が今ならおすすめです。日本の中にいるときは自分は多数の中の普通の一般人にすぎません。でも中国へ来ると日本人というだけで周りの人達と差別化ができます。

経済的には中国はもうすぐ世界一になります。日本は経済ではもうかないませんが文化レベルではまだまだ日本の方が高いです。文化レベルが高く、日本の事もよく知っていて日本語もペラペラというだけで特殊能力を持った人になれるのです。差別化ができるとそこで仕事をするチャンスも生まれます。

とりあえず東莞へ行ってみよう

中国へ出ると言っても中国語もできないし何をしたらいいのかまったくわからないし具体的な計画もない、そんな状態でも今のどうにもならない場所にいるよりはよっぽどいいです。とりあえず現地に行ってみてから考えればいいのです。自分の今までの範囲内にいる限りその範囲内の情報しか入ってこないのでそこから抜け出すことはほぼ不可能です。思い切ってそこから飛び出してみると今まで入ってこなかった情報が入ってくる、そうすると自然に今まで見えていなかったものが見えてきて、現状から抜け出す方法も見つかるかもしれません。

賢くて頭の良い人ほど頭の中で考えて言い訳ばかりしています。机上の空論、理屈はいいからまず実行です。現実はハプニングばかりで事前にいくら用意周到な計画をしてもほぼ計画通りにいくことはありません。要するに頭の中で計画ばかりしても無駄なので実行してみるそして実行しながら修正していくしかないのです。

実行してたくさん失敗してコツコツ経験を積んでいくと、いつの間にか他の人からすごいですねと言われるくらい能力が身について、その能力を活かして他の人のお手伝いをしてお金をいただいて生計を立てられるようになるものです。生計をやっと立てるレベルではなくて大成功という場合もあると思います。

もし現状でどうにもならないと感じていたらとりあえず中国の東莞や広州へ来てみてください。卸市場などもたくさんありいろいろ見れるので面白いですよ。

 

仕事に向き不向きなんてない

 

WeChat Image_20181011170101

 

自分に向いている仕事、自分が好きな仕事をしたい、というのは誰もが考えることです。特にこれから社会へでる学生さんであれば自分の好きな仕事をしたいと思うでしょう。

でも基本的に仕事というのはいろいろな作業を含んでいます。一つの仕事であってもその中にはいろいろな作業があります。自分が嫌いな作業もどうしても含まれてきます。

自分で起業して社長をするとなれば、最初のころは営業、設計、生産、顧客サポート、経理、人事、全部自分でしなければなりません。

自分は設計が好きだから顧客サポートなんかしたくなくても、好きな設計の仕事をするためには、どうしても嫌いな顧客サポートの作業もしなくてはならないのです。

そう考えると好きな仕事を探す、というのはそもそも間違いで、今ある仕事を好きになる、これしかないのではないかというのが結論です。今の仕事の中には嫌いな作業もあるが、その中に喜びもある、という状態です。

そういうことを考えると、柳井さんが言っている、仕事に向き不向きなんかない、というのはよくわかる気がします。

私はもともと理系で人とのコミュニケーションにとてもストレスを感じます。顧客との連絡作業がとても苦手です。メールやチャットを返すのがとても億劫なのです。しかし世の中のほとんどの仕事は顧客連絡が必要です。

好きな仕事を探して転職を繰り返すのではなく、やりたくなくない作業もやるしかないし、今の自分の仕事に情熱を持ってその中で喜びを見出していく、これが正しい仕事への向き合い方なのだと思います。

 

中国の不満ばかり言っていませんか?

中国で生活や仕事をしている方で、中国の~が悪い、中国人の~がだめ、とか中国の不満ばかり言ってはいないでしょうか。

不平不満ばかり言う習慣は自分自身の人生にとって致命的なダメージを与えます。そういう人はきっと死ぬ間際までぐちぐち不満を言いながら死んでいく、そういう人生になる可能性が大きいです。

問題は中国でもなければ中国人でもありません。自分の思考習慣の問題です。

不平不満の習慣の人は中国の不満だけではありません。旦那、妻、子供、仕事、その他あらゆることに不満を持ちます。そうして自分の人生を暗くしそのうち、うつ病になっていきます。

不平不満の習慣を感謝の習慣に変えるのです。

まず不満を言う前に、感謝します。住む所にも不自由しないし、食べ物も十分ある、変な疫病も蔓延していない、家族が連れて行かれたりしない、それは全て今済ませてもらっている国が政治的にも経済的にもまあまあ安定しているからこそです。世界には毎朝ミサイルが飛んできたり、家族が連れて行かれてしまう、そういう国だってあるのです。

私は中国という国にとても感謝しています。もちろん日本にも感謝しています。毎日妻にも、家族にも、ご先祖様にも、太陽にも感謝しています。そして皆に恩返しもしたいと思っています。

こういう気持ちでいると毎日の幸福度がとても高くなります。幸福も不幸も全ては自分次第なのです。

人生成功の魔法「積極的な心の態度」

 

 

Photobucket

私達がお手伝いできること(中国生活サポート)