中国フォロワー1万人に増やす方法

%e6%97%a5%e4%b8%ad

 ご参加方法:↑上のQRコードをwechat(微信)でスキャンし、「日中交流会参加希望」とメッセージを送ってください。日本人と中国人が楽しく交流しています。ご自由にご参加ください。

中国越境ECや中国動画マーケティングのご相談など

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
ライン(LINE): d369

今モノやお金の価値は急降下しています。モノ余りお金余りの時代です。皆もう物やお金にあまり興味がありません。モノやお金の代わりに価値が急上昇しているものがあります。それは「信用」です。今「信用」の価値が急上昇しています。そして今後もこの流れは続きます。

もうモノやお金を貯めこんでも何の価値もありません。これからは「信用」を貯めこむことが成功の道です。ネットの世界での「信用」、それはフォロワー数です。これからはフォロワー数がどれだけあるか、それがとても重要な価値になってきます。

 

中国動画市場で登録者数1万人の価値

フォロワー集めが大事というのはわかっているが今さら日本でユーチューバーを始めてもしかたがない、どうせゼロからやるなら中国でやった方が価値がありそう。今このブログにたどり着いて読んでくれている方はそうお考えでしょう。正解です。まったくその通りです。

今からコツコツ動画投稿をして中国動画市場で日本人として自分のチャンネルを育てておくと、数年後にはものすごい財産になるでしょう。

もしあなたが中国動画市場でフォロワー10万人のチャンネルを持っていたら、中国向けに「弊社の商品を動画で紹介してほしい」という日系企業からの依頼がひっきりなしにくるようになります。

相手が大手企業の場合は大体広告代理店が依頼を仲介します。その場合、企業とのタイアップの料金の相場はだいたい(登録者数)×(単価)で計算されるのが一般的です。 単価は条件に応じて設定されますが、単価=1円とすれば、登録者数100万人なら、企業タイアップの報酬は100万×1=100万円です。 大手企業とのタイアップはだいたい100万~300万円くらいが相場です。 企業から依頼されて商品紹介動画を配信すれば、100万円がもらえるのです。 実際に日本の大手化粧品会社「資生堂」などは中国のインフルエンサーとタイアップして、中国向け動画マーケティングを行っています。

自分のチャンネルで自社商品を売るだけでなく、他社商品の紹介もできるのです。自社商品を売るのが本業だったとしても、きっと動画チャンネル自体の収益の方が本業を上回ってしまうでしょう。 中国動画市場に向けて自分の動画チャンネルを育てておくことはものすごい財産になることは容易に想像できると思います。

まだこの事にはっきり気が付いて行動を始めている日本人は多くはありません。今がチャンスです。

中国動画市場を制する者は、越境ECも制す

 

登録者数より信用数

またフォロワー数と言ってもただ数が大きければよいということではありません。

世間では〇〇キンや〇〇しゃちょーのフォロワー数が何百万でトップだと言われていますが、実はフォロワー数が多い方が価値があるわけではありません。何の役にも立たないちょっと目を引くだけの動画で有象無象を数百万人集めても砂の器、実は本当の価値は低いのです。 どれだけ価値のあるコンテンツを発信して、それに対してコアなファンがいる、そういう事の方が大事です。自分がどういう動画を発信するかを考えるとき時、こういう事を肝に銘じておくべきです。

フォロワー数、数百万人なんて必要ありません。本当のファン1万人あれば十分です。

ネットは嘘が通用しない世界、認知度と信用度の違い

 

中国フォロワー数を1万人に増やす方法=山頂へ一歩一歩積み重ねる

中国でフォロワー数を増やしていくことの価値についてはご理解いただけたと思います。以下ではで=は具体的にどうやって中国でフォロワーを増やしていくかをご説明します。

中国動画市場で自分のフォロワー数を1万人、10万人にするにはただ一つの方法しかありません。

「コツコツ毎日動画を投稿する、それを3~5年改良し続ける、途中でやめない」

これ以外の方法はありません。これは日本だろうと中国だろうと同じことです。時間と労力がとてもかかります。だからこそ価値があるのです。

自分の動画が運よくバズって登録者数が一気に増えるということもときどきありますが、意図的にバズらせることができるのは天才だけです。普通の人はできません。基本的には毎日コツコツしかありません。 コツコツ積み重ねていかないとできない事だからこそ価値があるのです。1日にしてならず。他の人が後から参入して真似しようと思っても簡単には真似ができません。だからこそ達成したらそれはものすごい財産になるのです。

 

まずは中国動画プラットフォームを選ぶ

まずは中国の人に向けてどの動画アプリ(プラットフォーム)で動画を投稿するかを決める必要があります。中国ではネット規制のためユーチューブは基本的に見れません。狙いはユーチューブ以外の動画アプリになります。

中国の動画アプリ人気ランキング

 

どんな動画を投稿するか、ライバルが少ないニッチな分野を選ぶ

中国の人に向けてどんな動画を投稿するかを決めなくてはありません。

まず最初に1個を作って動画してみる

まずはなんでもいいです。とにかく何か1つ動画を作って投稿してみましょう。ここからスタートです。大事なのは3年5年と続けることです。やりながら改良していけばいいのです。

 

 

人は「魂、情熱、信念」に引き寄せられる

最後はやはり自分はどういう魂、情熱、信念をもって動画を発信しているのか、もっといえば自分は何のためにこの世に生きているのか、そういうことをしっかり考えて伝えていく必要があります。 考えがしっかりすれば行動も変わってくるし、発信する情報も変わってくるからです。 発信者の情熱や魂がこもっているとそれは自然に人を引き寄せるのです。反対に情熱や魂がこもっていないものには誰も見向きもしてくれないでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>