大切なのは「その時どうするか?」

中国向け販売のご相談

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
スカイプ: sk188103

 

中国で生活やビジネスをしているといろいろな問題が起こります。これは中国に限ったことではなく日本でも同じだと思います。とはいえ中国での問題発生頻度は日本の数倍という感じがします。

 

中国ではいろいろな問題が起こるのが通常設定

特に中国での仕事では日本ではありえないようなことなど、本当にいろいろな問題が起こります。

例えば、

中国の工場でバッグを生産したら、変な位置にロゴを付けられた、

部下が発送先を間違えた、見ていない所で携帯で遊んでいる、

お店にお金を払ったのに商品を発送してくれない、お金を受け取っていないと言い張る、

不良品が送られてきたが返品、返金を受け付けてくれない、不良じゃないと言い張る、

在庫があるといっていたのに、急にやっぱり在庫がないと言って納期が遅れる、

タクシーに乗ったら、最初は30元でいいと言っていたのにやっぱり50元よこせ、と喧嘩になる、

ホテルに泊まったら、部屋の冷蔵庫が壊れていて直すといったのにいっこうに直さない、

大雨が降り道路が腰まで水没する、

近所で工事をしていて異常にうるさい、まったく騒音に注意しない、

道に子供に小便をさせる、つばをはく、

道をふさいで立ち話をしている、

音量という概念を知らない電話をしているじじい、

微信のメッセージで済むことなのに、こちらの迷惑も省みずひつこく電話してくる、

などなど、

最近あった思いつくことだけでも列挙していけばきりがありません。

 

 

問題が起こるのを無くすことはできない

でもいろいろな問題が起こる、それが当たり前なのです。

いろいろな対策をすれば問題が起こることを少なくすることはできます。でも何か問題が起こることを完全に無くすことはできません。

生きていれば必ず何かしら問題は起こります。

仕事でだいぶトラブルが減ったと思ったら今度は家庭の問題や健康の問題が起こるかもしれません。

 

人は思い通りにならなくて当たり前

 

 

大切なのはその時どうするか

問題を完全に無くすことはできない。であれば最も大切なのは

何か問題が起きたときにどう反応するか、

その時どうするか?

です。

例えば道を歩いていて、向こうからバイクが来てぶつかりそうになった、そのとき怒りに任せて大声で怒鳴ることもできるでしょう。もしそうするとどうなるでしょうか。相手が運悪くガラの悪い人だったら大喧嘩になりあげく持っていたナイフで刺されるかもしれません。

反対に怒りを抑えて優しく注意する、そうすれば相手もすまなかった、といて何事もなく終わるかもしれません。

大怪我をするか、何事もなく終わるかは自分の反応次第なのです。

降りかかる災難は選べないが、反応は選べる

 

 

怒りにまかせて反応すれば損するだけ

基本的に怒りにまかせて反応すれば損をするだけです。得をすることは一つもありません。

夫婦喧嘩をして怒りにまかせて怒鳴り散らす、相手は怒って手元にあったiphoneを床に投げて壊してしまう、得なことは何一つありません。iphoneが損になっただけです。

部下がひどいミスをしたとき大声でしかる、そうするとどうなるでしょうか。次の日辞表を出されてまた新しい部下を一から育てなくはならなくなるかもしれません。反対に優しく注意すれば次からは気をつけてくれるようになるでしょう。

 

訓練すれば感情をコントロールできるようになる

感情のコントロールは訓練すれば少しづつ上手にできるようになります。まずは大事なのは「その時どうするか」であると意識します。この意識がなく、すき放題感情を爆発させていればそれはますますエスカレートし、最終的には例えば離婚とかとりかえしのつかないことになりかねません。

まず、大事なのは「その時どうするか」だ、と心に強く刻み込んでください。

それを毎日毎日何か問題が起こったら、「その時どうすか」だと念じるようにしていると、それは次第に潜在意識に浸透していき、行動に変化が起きてきます。

とにかく大事なのは「その時どうするか」です。

私は少し前からいつも、大事なのは「その時どうするか」である、と念じるようにしていて、最近は前よりもかなり反応をコントロールできるようになってきたと実感しています。

前は何か問題があったら好き放題怒りを爆発させていたものです。そのせいでどれだけ損をしてきたか計り知れません。

 

 

人生成功の鍵、不平不満を言わない、まず感謝

中国で長くビジネスをしている台湾人の知り合いがいます。

中国でいろいろ嫌な思いをしてきたのでしょう。いつも中国の悪口をいっています。ここがだめ、あそこがだめ、などなど。

気持ちはわかります。でもそういうネガティブ発言をしている人はネガティブなオーラをまとってしまうのです。実際にもうかなり年配の方なのですがビジネスでもなかなか成功できずにいます。いい人なのですが暗いオーラをまとっていて何となく遠ざけてしまいます。

私はこのおじさんが成功できないボトルネックはこの人のこういう消極的な態度を習慣化してしまっているせいであると感じています。何事も受け取り方次第なのです。

確かに中国で嫌な事がたくさんあったかもしれません。でもまだここに生きている、生かしてもらっている、ご飯も食べることができている、寝る部屋もあるし、着る服もある、まずは不平不満を撒き散らす前に、感謝すべきです。

いろいろ大変だけど衣食住はある、ありがたい、そういう積極的な心の態度の習慣ができれば人生はとても明るく良いサイクルに入り、運が向いてくればビジネスでもきっと成功できるでしょう。

 

人生で1番必要な基礎「積極的な心の態度」

 

問題は神様がくれたチャンス

何か問題が起きたとき、それは神様が魂の修行をするチャンスをくれているのです。

人生の目的は「魂の成長」

 

 

 

chang

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>