カテゴリー別アーカイブ: 未分類

タオバオ直播が熱い、ライブ配信+EC

WeChat Image_20180417132221

これはタオバオ直播の画面です。売り手は日本のドラッグストアからスマホでライブ配信しています。そして買い手は売り手と画面のようなチャットが可能です。

「乳液はありますか」「~はいくらですか」など皆チャットで直接質問しています。

WeChat Image_20180417132209

左したのボタンをクリックするとショップ画面がスライド表示され買い物ができます。

誰かが商品を買うと「~が購入しました」と表示されます。ものすごい勢いで「~が購入しました」がどんどん表示されます。ほぼ5秒に1人が買っています。

購入するとライブで買い物かごにいれてくれます。そして後日中国の買い手へ発送されます。

WeChat Image_20180417132231

買い手がいろいろ文字チャットで質問すると商品をアップにしてくれたり、直接質問の答えてくれます。

今までネットショップでは感じることのなかった臨場感、わくわく感があり、見ているだけでも面白いです。いよいよEC2.0が始まってきたという感じがします。

近所のドラッグストアで中国語で何やらしゃべっている人がいたらタオバオ直播をやっているのかもしれません。ちなみに中国の人がビジネスビザ以外で日本に滞在してこれをやっていると違法になり逮捕されてしまうのですが、日本人であれば全く問題はありません。

近くにドラッグストアがある人はやってみたらすごく売れると思います。ただ店員さんからのかなり冷たい目線に耐えるハートの強さが必要になりますが。

 

タオバオ直播を見る方法

WeChat Image_20180417132236

まずiphoneでタオバオアプリをダウンロードします。そしてアプリを起動。

画面中段のタオバオ直播をタップ。

WeChat Image_20180417132241

今ライブ配信している人達が表示されるので見たいところをタップします。

特に海外からのライブを見たい場合は、全球現場をタップしてください。

 

ライブコマース、EC2.0

ネットショップは長い間ずっと、静止写真がメインでした。いかに写真をきれいにとるか、そして文章で情報を伝えるという形です。

この タオバオ直播は今までのECに比べると、伝わる情報量が桁違いです。臨場感、熱気がまるで違います。皆今までのネットショップの形に飽きてきていたところにこのライブ配信+ECが登場し中国では今ものすごい人気になっています。1時間で3億円売れた例もあります。

上で紹介したタオバオ直播も5秒に1人がどんどん注文を入れています。

実際に見てみると新鮮感があり確かに面白いです。写真と文章だけで商品のわくわく感を伝えるのはとても大変ですが、ライブ配信ならそれが可能になります。

日本でも今ライブコマース関連のベンチャーが資金を調達したというニュースが増えています。今後これはますます人気になってくると予想されます。

 

タオバオ直播をする方法

タオバオ直播をすぐやってみたいと思った方も多いと思いますが、残念ながらタオバオ直播は1次、2次審査があり、それを通過した人だけができます。

1次審査は今すでにタオバオ店舗を持っていて、ある程度のファン数がついていることです。

2次審査はライブ配信がちゃんとできるか録画を送って審査してもらいます。もちろん中国語で。

この2つを通過してやっと可能になります。

タオバオ直播をする方法

 

 Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301
スカイプ: sk188103

 

収入を増やす方法、1/100万のレアカード

世の中には収入が高い人と低い人がいます。収入が高い方が人として優れているとかそういうことではありません。全くお金をもらわずに素晴らしい慈善活動をしている人もいます。そして収入の多さと幸福度も実はほとんど関係がありません。収入が多いから幸せになれる、少ないから幸せになれない、ということもありません。

しかし、ほとんどの人は毎日仕事をしてお金を稼いでいると思います。前述のように収入の多さと人として素晴らしさは無関係ですが、自分は収入が多い人、少ない人、どちらになりたいでしょうか。収入は少なくても人としては全く関係ないから興味ないという人はこの記事は無視してください。

私自身はせっかく毎日仕事をしているのだから仕事のプロとしていけるところまでいってみたい、もっと上のステージの景色を見てみたい、そういう欲は普通の人よりかなり強い方だと思います。お金がたくさん欲しいわけではないのですが、お金に制限される人生ではなく、行きたい所があったらプライベートジェットですぐいける、もしお金がなかったら狭くて危険な格安航空しか乗れません。やりたいことがあったら我慢せずできる経済的自由は最低限欲しいです。

そういう収入を多くしたいという人向けです。一生格安航空で十分という人には関係のない話です。そういう生き方も信念をもってそうしているのだから素晴らしいことだと思います。

誤解されやすい話題なので十分な事前説明が必要でしたが本題に入ります。

世の中には時給800円の人もいれば、時給数千円、数万円以上の人もいます。同じ人間が1時間仕事をしてなぜ時給に数百倍もの差がつくのでしょうか。

例えば、工事現場の警備員はだいたい時給800円くらいです。一方、心臓外科医は時給数万円です。数百倍の収入の差があります。決してこれは外科医よりも警備員が人として劣っているとかそういうことではありませんので誤解しないでください。自分の時給を増やしたい人はどうすればいいのかという話です。

この例から収入の違いの原因は、同じ仕事をする他人がすぐ見つかるかどうか、すぐ人員交換されてしまう仕事かどうか、であることがわかります。

警備員はすぐ交代の人がいくらでもいます。でも心臓外科医は交代の人はなかなかいません。だから警備員の時給は低く、外科医の時給は高いのです。

すなわち収入の多さは希少性で決まるのです。今自分がしている仕事はすぐ他の人に交代されてしまう仕事かどうかチェックしてみてください。もしあなたの収入が低かったらそれは交代の人がいくらでもいる、そういう仕事をしているからなのです。

物販をしている方なら、自分の売っている商品が利益が少なければ、それはその商品の希少性が低いからです。

では収入を増やすにはどうすれば良いかはすぐわかります。希少性を高めればいいのです。わかりやすく言えば自分や商品を、1/100万のレアカード化することです。自分、商品の希少性を高めていけば収入は増えます。

希少性を高めると言っても今の仕事を辞めて、心臓外科医になれということではありません。物販であれば今扱っている商品をやめて、珍しいものを探すということではありません。今自分がいる場所、扱っている商品で1/100万のレアカードになる工夫をすればいいのです。

 

1/100万のレアカードになるなんて難しいと思うかもしれませんが可能です。まずある分野で100人に1人の存在、1/100になります。何か一つの分野で1万時間一生懸命やっていれば自然に1/100にはなっているはずです。普通に社会で生きてきた人ならここはクリアできているはずです。もし何も一生懸命やってこなかったなら、今から初めてください。1万時間は仕事時間で約5年間です。まず5年何か一生懸命取り組む必要があります。1/100になれば普通に食えている状態です。

問題はここからさらに上のステージへどうやっていくかですが、1/100を2つ掛け算すると1/1万になります。3つ掛け算すると1/100万です。

まず1つの分野で1/100になったら、もう一つの分野でも1/100になり、それを掛け合わせると1/1万になれるのです。

例えばネット通販専業で食えている人は、副業やお遊びでやっている人も含めれば、だいたい100人に1人くらいだと思います。まず物販で1/100になってなんとか食えるようになったとします。そうしたら次は中国語を勉強して不自由なく話せるようにします。不自由なく中国語を話せる人もだいたい100人に1人くらいだと思います。

これで物販で食える1/100、中国語ができる1/100、掛け算で1/1万になれたことになります。実際に物販専業で食えて中国語もペラペラの人は1万人に1人くらいでしょう。そうすると自分の希少性が高まっているので、収入は自然に増える方向へ向かっていくはずです。

ここでさらに英語もできればと考えるかもしれませんがすでに中国語で語学がかぶっています。もうひとつはなるべくかぶらない分野にした方が効果はより大きくなります。かぶらないといってもあまりにも分野違い例えばダンスの練習をしてもだめです。

効果をが大きくなりそうで自分が一生懸命できそうなものをよく見極める必要があります。

物販で食える1/100、中国語ができる1/100、にさらに、コンサル・人材育成1/100を加えるとします。

そうすると、物販1/100、中国語1/100、コンサル・人材育成1/100でかなり収入の高い人になれそうな感じがしてこないでしょうか。

1/100にかかる時間は約5年です。これを3つ、15年やれば自分を1/100万のレアカード化できます。すでに1/100になれている、今40歳の人だったらあと10年この方法で一生懸命やれば50歳にはほぼ何でも買える経済的自由がある状態になっているはずです。