【参加費無料】広州市場の最新商品調査代行 by LINE(ライン)

広州へ行かなくても卸市場の最新商品がLINEで見れる!

次回2019年11月30日開催予定、参加申込受付中です。

linede

ご参加申込方法:↑上のQRコードをLINE(ライン)でスキャンして、「LINE(ライン)で広州買い付け」参加希望とご連絡ください。

 

広州市場調査代行「LINE(ライン)で広州買い付け」とは

広州市場調査代行サービス「LINE(ライン)で広州買い付け」では、お客様の代わりに弊社スタッフが毎月、広州市場へ行き商品写真や価格などを調べてLINE(ライン)でお送りします。

日本向きのおすすめ店だけを厳選して調査する、アパレル業者様向けのサービスです。

市場の商品価格そのままで発注して買い付けができます。価格上乗せやマージンはありません。この点が従来の代行業者とは大きく違います。

guide

 

参加費用

参加費無料です。

日本への商品発送、全数検品、商品化等、買付けのお手伝いを弊社にご依頼いただく場合は別途スタッフ料金がかかります。

 

参加資格

天国と地獄の箸の話に共感していただける方

・あまり海外出張費用をかけられない、また大きなロットで買付けや生産ができなくていろいろくやしい思いをしている中小の卸・小売アパレル業者様や個人事業者様

※お名前、会社名(個人事業名)、主な販売先、所在地等をお申込み時にヒアリングさせて頂きます。

 

 

費用比較(自分で広州へ行く場合)

自分で直接広州へ行って買い付けができればもちろんベストです。しかしお金も時間も体力もかなりかかります。例えば2泊3日で広州へ買付けに行くとすると、

飛行機代5万円、

ホテル代2万円、

交通費1万円、

食事代1万円、

アテンド・通訳‘代2万円

かなりおおざっぱですがこれだけで、11万円かかります。

さらにもし社長さんが社員もつれていく場合は飛行機代、ホテル代など、この数倍になります。

出張費用は直接、商品仕入れコストに跳ね返ってくるので、仕入れ価格が高くなるのと同じことになります。

一方、「LINE(ライン)で広州買い付け」なら参加費用は無料、発注するとスタッフ料金がかかりますが、それでも費用がかなり節約できるので、より安い価格で仕入れができるということと同じになります。

どうしても今回は自分で直接広州へ行って商品を見たいとか、行かないとできないOEM生産があるなど、そういう場合はしかたありありません。しかし通常の新商品調査&買い付けであれば、自分で直接広州へ買い付けに行く人よりも、「LINE(ライン)で広州買い付け」をする人の方が仕入れ価格の面で競争力があることになると言えます。

 

「LINE(ライン)で広州買い付け」ご利用の流れ

a

午前9時~午後2時: レディース服市場(沙河)で、日本向けの商品を扱っている厳選されたお勧めのレディースアパレルのお店だけをスタッフが回り、新商品の調査報告をします。

b

午後2時半~午後5時: バッグ市場(三元里)で日本向けのレディースバッグの厳選おすすめ店をスタッフが回り、新商品の調査報告をします。

最新お勧め商品の写真、価格、色などの情報を「LINE(ライン)で広州買い付け」のLINE(ライン)グループへ送信します。価格は市場の価格そのまま、上乗せはありません。

WeChat Image_20181129025815 WeChat Image_20181129031920

買いたい時はメッセージを送ってください。お客様の代わりにスタッフがお店に発注します。

WeChat Image_20181129030333 WeChat Image_20181129032133

皆で注文をまとめる共同仕入れの形になるので、小さな注文でもお店との価格交渉も有利になります。いつもは最小ロットがクリアできなくて諦めていた商品も買付けしやすくなります。

買い付けた商品は日本へ発送もできます。在庫がある商品なら航空便で日本へ約一週間で届きます。

shiiretop

 

 

Photobucket

LINE(ライン): d369
wechat(微信): den20140301
Eメール: info@microbe.jp

私達がお手伝いできる事、広州市場アテンド、買付代行

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>