生きるコツ

普段の生活でとても役に立っている私の考え方の習慣があります。これは生きるコツとも言えます。それは

「人は思い通りにならなくて当たり前」

です。

彼氏、彼女、夫、妻、そして知人、会社の上司、部下、同僚、取引先と些細なことでイライラしたり喧嘩になりそうになる時はよくあると思います。そういう時、「元々、人は思い通りにならなくて当たり前なんだ」と頭の中で念じるのです。

例えば、自分はお腹がすいて早くご飯を食べに行きたいのに、妻はお腹がすいていないのでご飯を食べたくないから食事に行こうとせず、さらに別の用事を押し付けてくる、

取引先や部下に何度も作業を指示したのに、全然言った通りに作業をしない、同じミスを繰り返す、または言ったことしかやらない、少しは自分の頭で考えればもうちょっとわかるだろうと言いたくなる、

などなど生きているといろいろなイライラする場面は必ずやってきます。

 

怒りを相手にぶつけたり、不機嫌な態度を出すのは最悪。そういう人はどんどん孤独になる

何か問題があったときにすぐ相手を怒鳴ったり、怒鳴らなくてもねちねちと嫌味を言うのも同じことです。怒りやネガティブな感情、ふてくされた表情や態度をだしたり相手にぶつけるのは最悪です。そういうことは絶対にしてはいけないのです。

怒りをコントロールせず相手にそのままぶつける様な習慣を続けていると、あなたが思っている以上に長期的に致命的で最悪な結果をひき起こします。なぜならそういう人の周りからは人がどんどん離れていくからです。離れていくだけならまだしも陰で攻撃されたり足を引っ張られるかもしれません。

そしてそういう習慣を持っている人はだいたい仕事でも私生活でも成功できません。そして最後には誰にも発見されず一人ぼっちの部屋で孤独死、そんなニュースも最近よく聞きます。

怒りを相手にまき散らしてすっきりすればそれで、孤独になってもいいという人は勝手にしてください。でも孤独になりたくない人は怒りのコントロールによく注意しなくてはなりません。

 

相手はあなたの為に生きているわけではない

怒りを相手にぶつけてしまいそうになった時には、「この人は私のために生きているわけではない、だから私の思い通りになるわけもない」、そう考えてください。

これはまったくその通りです。相手はその人自身のために生きています、あなたのために生きているわけでないのです。それなのにあなたはなぜ思い通りになってくれることを期待するのでしょうか。他人は思い通りにならないのが当たり前なのです。

 

人生成功のキーポイント「怒らない、悪い態度を出さない」

私は誰かとトラブルになりそうになると「人は思い通りにならなくて当たり前なんだ」と念じるようにしています。長く続けているので最近では反射的にできるようになってきました。

会社のスタッフ、そして妻や子供にイライラしてしまいそうになってもすぐに「人は思い通りにならなくて当たり前」と考えると、怒りが瞬時に半減するのです。怒りを爆発させることなく、針で一刺ししてすぐにガスを抜いてしまえば相手と喧嘩になることはほとんどありません。

実は以前の私はかなり怒りっぽくて、怒りやふてくされた表情、態度、言動をすぐに相手にぶつけていました。そのためたくさん失敗してきました。結婚式場を一緒に見学するまでしていた人ともこの怒りのコントロールができずに破局になってしまいました。20人いた会社の中国人スタッフにも怒りをぶつけてしまいほとんど全員いなくなってしまったこともありました。本当に申し訳ない事をしてしまいました。

怒りのコントロールができないと私生活でも仕事でもなかなか成功できないのです。

反対にいえばこれがうまくできるようになると、私生活も仕事もとても順調になります。妻との喧嘩もなくなり、会社のスタッフにも敬意をもった態度で接することができるようになるからです。

かなり経験が多いはずの年配の方でも怒りのコントロールができない人も多いです。下請け業者や目下の部下相手だからどうでもいいと言わんばかりに、怒りをコントロールしようとすらしていない、怒鳴らなくても嫌味たっぷりで相手を見下す様なネガティブな態度や言動をする人に遭遇する場合もあります。(昔の私もそうだったのですが)

そういう人に遭遇したらすぐ逃げてください。何も言わずに静かにフェードアウトして、そっと距離をおきましょう。

 

Photobucket

LINE(ライン): d369
wechat(微信): den20140301
Eメール: info@microbe.jp

私達がお手伝いできる事、広州市場アテンド、買付代行

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>