月別アーカイブ: 2019年9月

ゴミクソ情報を遮断し、自分の心の声に耳を澄ます

最高のゴミクソ情報、ネットニュース

ついついヤ〇ーのトップページのニュースを見てしまう、そういう人は多いのではないでしょうか。ページ閲覧数を増やすためだけに、IT起業家や有名人のスキャンダルなど人の目を引くだけのニュースがここぞとばかりに並べ立てられています。

はっきり言ってこんなのを毎日見ていたら脳が腐ります。

油断しているとネットからはゴミクソ情報が洪水のように流れ込んできます。ネットは本当によく注意して使わないとバカになってしまいます。時間だけ浪費し後には不快感だけが残り、心を病んでしまって日本はオワコンとか言い出します。

 

雑音が多いと、本当の自分の心の声が聞こえなくなる

まず仕事の時間以外は基本的にwifiはオフにして、雑音が入ってこないようにしましょう。モバイルが発達していつでもどこでも24時間ネットが使える?そんなの地獄です。

平日は仕方ないとしても、せめて休日くらいはネットが届かない山奥で静かに瞑想でもして過ごしたいです。休日だけではなくて、1日の仕事が終わった後の時間は基本的にwifiはオフにしてネットが入ってこないようにしています。

どこそこのIT起業社長が資産何千億円で女優となになにとか、有名人のスキャンダルとか、ひどい暴力とか、そういう情報は心を刺激するので本当の自分の心の声が聞こえなくなってしまうのです。

本当の自分の心の声はとても小さいので良く耳を澄まさないと聞こえてきません。雑音があるとすぐかき消されてしまいます。でもその心の声は自分にとって本当に大事なことを教えてくれる声です。しっかり耳を澄ましてよく聞くようにしなければなりません。

 

心の声に耳を澄ます方法、息と一つになる

自分の本当の心の声に耳を澄ます方法は簡単です。まずwifiや携帯をオフにして雑音が入ってこないようにします。それから大事なのはリラックスすることです。緊張を緩めて楽にします。

そして自分の息に集中します。息を鼻からゆっくり長くはきます。ゆっくり吸います。息と一つになるようにします。

これを続けていると自然に自分の本当の心の声が聞こえてくるようになります。心の声といってもそれは言語ではありません。「直感」として降りてきます。「直感」は自分にとって何が一番大事でどう生きるべきなのかを教えてくれます。

そして雑音に惑わされず、その自分の「直感」を大事にして毎日生きていけばいいのです。

 

guide

 

「広州アパレル連合」とは

IMG_20190914_072301

広州アパレル連合LINE(ライン)グループ

微信图片_20190428234720

ご参加方法:↑上のQRコードをLINE(ライン)でスキャン。

 

「広州アパレル連合」とは?

広州卸市場で買い付けをする時に「各色1枚で」と言うと、お店の店員さんに「ナーマシャオ(そんなに少ないの?)」と嫌味たっぷりに言われます。そんな小ロットじゃ売らない出ていけと言われることさえあります。

そんな時、私も「こっちは客だぞ、バカヤロー」と言い返したくなりますがぐっとこらえています。そういう悔しい思いをしている中小業者の方は多いと思います。

「各色2枚」でも100社分をまとめて発注すれば各色200枚、5色展開ならあっという間に1000枚の発注ができあがりです。このように小さい注文を数社分まとめて発注するのが「共同仕入れ」です。

1000枚の注文があれば広州卸市場のお店の人の対応は全然違ってきます。お店へ行くたびに食事に誘ってくれます。もちろん食事代も向こうが出してくれます。良い機会です、食事をしながら価格交渉や納期、品質の相談をしましょう。ロットが大きければ工場へ直接乗り込んでいって製造過程を見学しながら、品質改善の要求もできます。

一方、「各色2枚」ではこういうことは到底できません。そのため大きいロットで発注できる資金力のある大企業だけがますます有利になっています。現状、広州卸市場仕入れでは多くの中小企業がこういう不利な状況で商売をしています。

ですが中小企業が協力し合って「共同仕入れ」をすれば大企業と対等な条件で商売をできるようになるのです。

guide

 

買い付けロットが小さいと価格交渉できない

2枚では値下げ交渉すら受け付けてくれません。たとえ数十枚買ったとしても大きな値下げは難しいです。値下げしてくれても少しだけです。でもロットが1000以上になればかなり有利に価格交渉もできるようになります。

 

買い付けロットが小さいと後回しされる

工場は大きいロットの注文の生産を最優先します。大きい注文が入ってくると小ロットの注文の生産は後回しにされます。それで納期がどんどん延び延びになるのです。経験された方も多いと思います。

 

買い付けロットが小さいと品質が安定しない

納期だけでなく品質についても工場は大きなロットを最優先します。大きなロットの注文には生地のきれいな部分を優先的に使って製品を作ります。そして品質の悪い残り物の生地で小ロットの注文分を作ります。

大きな注文には工場も検品体制をしっかりしますが、小さい注文にはかなりいいかげんです。

そのためロットが小さいと品質が安定しないのです。

「各色2枚」ではどのお店も工場見学はさせてくれません。ロットが大きければ直接工場の生産現場へ乗り込んでいって品質改善の要求をしたり、検品スタッフを送り込むこともできます。

ロットが大きいと品質が安定するのです。

 

買い付けロットが小さいとOEM生産もできない

せっかく良いアイデアがありオリジナルで服やバッグを生産したいと思っても、ロットが小さいOEM生産はほとんどのお店や工場は受け付けてくれません。

ロットが大きければOEMも可能になります。

 

買い付けロットが小さいと店や工場と関係を築けない

ロットが小さいとお店の人もこちらの顔はほとんど覚えていません。反対にロットが大きいお客さんはよく覚えています。行くたびに新製品あるよ、見て見て、割引できるよ、食事に行こう、工場見学に来てよ、などいろいろ提案してくれます。

 

買い付けロットが大きいととても有利になる

中小企業が広州仕入れで生き残っていく道は、「共同仕入れ」しかないと実感しています。ロットが小さいと本当にどうにもならないのです。

ネットは中小個人をエンパワーメントしてくれます。ネットのパワーで中小個人が上場企業を対等になれる時代になったのです。

 

「広州アパレル連合」ご利用の流れ

a

午前9時~午後1時: レディース服市場(沙河)で、日本向けの商品を扱っている人気のあるお勧めのレディースアパレルのお店をスタッフが回ります。

b

午後1時半~午後5時: バッグ市場(三元里)で日本向けのレディースバッグのお店を中心にスタッフが回ります。

最新お勧め商品の写真、価格、色などの情報を共同広州仕入れLINE(ライン)グループへ送信します。価格は市場の価格そのまま、上乗せはありません。

WeChat Image_20181129025815 WeChat Image_20181129031920

買いたい時はメッセージを送ってください。お客様の代わりにスタッフがお店に発注します。

WeChat Image_20181129030333 WeChat Image_20181129032133

小さな注文でも皆でまとめる共同買付けの形なので、お店との価格交渉も有利になります。いつもは最小ロットがクリアできなくて諦めていた商品も買付けしやすくなります。

買い付けた商品は日本へ発送もできます。在庫がある商品なら航空便で日本へ約一週間で届きます。

shiiretop

 

参加費用

参加費用は無料です。

日本への商品発送、全数検品、商品化等、買付けのお手伝いを弊社にご依頼いただく場合は別途スタッフ料金がかかります。

 

参加資格

・大きなロットで買付けができなくていろいろくやしい思いをしている中小の卸・小売業者、個人事業者の方向けです。

お客様同士でバッティングしないように、主な販売先、店舗所在地、会社名(個人事業名)を事前にヒアリングさせて頂く場合がございます。

天国の箸の心をお持ちの方

 

「広州アパレル連合」の目的

ネットは個人をエンパワーメントしてくれるものです。太陽光を集めるレンズのようにネットは小さな力を集約して大きな力に変える能力があります。

ネットをフル活用して私達中小企業が資金力のある大企業とも対等に商売をして、生き残っていく事ができる仕組みを作るのが「広州アパレル連合」の目的です。

 

「広州アパレル連合」の利点

・広州へ行く時間、費用、体力を節約しつつ、市場の最新商品を見て買付けできる。

広州の市場を見に行って買付けをしたいけど、行く時間がない、飛行機のチケットを購入したり、広州のホテルを予約したり、費用もかかるしなかなか行けない。

そういうお客様の代わりに弊社スタッフが広州の市場へ行き、現地からLINE(ライン)で各お店の最新おすすめ商品の写真、価格などを送信します。

買いたい商品がある時はLINE(ライン)ですぐに「買いたい」とメッセージを送れば、お客様の代わりにスタッフがお店に発注します。お客様は苦労して広州へ出張しなくても日本に居ながらにして広州買付けができます。

・広州市場のお店のそのままの価格で買える、価格上乗せはありません。

・複数業者で共同買付けの形になるので、スケールメリットを活かして個別で買付けるよりも値引き交渉が有利にできる。

・最小ロットをクリアできなくて買付けを諦めていた商品も、共同でオーダーするので買えるようになる。

Photobucket

Eメール: info@microbe.jp
微信(wechat): den20140301