月別アーカイブ: 2016年10月

「中国共同仕入れ」、中国輸入の問題点を解決する方法

spiritb

ご参加希望の方はこちらからご連絡ください。

ご連絡いただく前に(天国の箸、地獄の箸)

image_12894372180

メール info@microbe.jp ,  LINE(ライン) spiritb20161023

 

 

中小業者の中国輸入の現状

現在、中国輸入は私達中小業者には利益を出すのがとても難しくなっています。一方で大口注文を発注できる大手はスケールメリットを活かして利益をあげているところもあり、勝ち組の大手と負け組みの中小という二極化が進んでいます。私達中小業者は大手が生産した「売れる商品」の残り物をタオバオや卸市場で買い漁って転売するのが精一杯というのが現状です。

運よく「売れる商品」をタオバオや卸市場で見つけて多少仕入れることができたとしても「売れる商品」は取り合いになるのですぐ品切れになってしまったりして、中小業者にはほとんどまわってこないのです。確実に売れそうな楽天ランキングと同じ商品が中国製なので、中国で探せば見つかるはずと思ってもなかなか見つからないことも多いと思います。それも当然でそのようなおいしい商品は大手が工場生産の段階で先にほとんど全部もっていってしまうからです。

今では確実に売れる人気商品は楽天ランキングや売れ筋商品データサイトでリサーチすれば誰でもわかります。難しいのはその「確実に売れる人気商品」を安定的に仕入れることです。安定的な仕入れルートが確保できないと売上も安定しません。

現在、中国輸入ビジネスの主な手法は楽天ランキングやアマゾンランキングの人気商品と同じ商品をタオバオで探して買い付けて転売するという方法です。ですがタオバオは代行業者を使えば誰でも買い付けができます。タオバオの商品代金支払いは日本のVISAカードでもできるくらいです。誰でもできる仕入れなのであとはスピード勝負、過当競争のつらい消耗戦に巻き込まれていくことになります。

「ランキングの売れている商品と同じ商品、かつ在庫がある商品」という狭い制約条件エリアの中で多くの中小業者がひしめき合って人気商品を取り合って戦っています。以前は私も血眼になって毎日楽天ランキングをチェックしていち早く同じ商品をタオバオの中から探し出すというのをやっていましたが、この戦いの不毛さに気づいてから全くやる気が出なくなってしまいました。副業のおこずかい稼ぎであればこのやり方でも十分ですが、事業としての将来性は感じられないのです。

中国現地の卸市場へ行ってタオバオでは買えない商品を探し出して買い付ければ確かにタオバオ仕入れだけの人よりは一歩リードできます。「ランキングの人気商品と同じ商品、かつ在庫がある商品」を卸市場で探し出して買い付けるという方法もあります。ですが基本的に確実に売れるおいしい商品は工場生産の段階で大手が持っていってしまいます。その残り物が在庫品として卸市場に並びます。大手が持っていった後の残り物の中から人気商品の在庫品を見つけるというハイエナ的なこれも一つの仕入れ手法ではありますがなかなか大変です。

 

中国輸入の最大の問題点

中小業者の中国輸入の最大の問題点は仕入れロットが中途半端であることではないかと感じています。中小の場合20個~200個くらいの仕入れロットが一般的だと思います。少量ではないが仕入れ価格が安くなるスケールメリットを得られるほど多いわけでもなく微妙な数量です。

20個~200個くらいの小ロットではほとんどの中国工場は生産してくれません。商品を生産する工場側からすると工員の人件費、工場の家賃、各種設備費などこのくらいの注文では工場は全く利益がないのです。一般的に発注ロット1500個くらいが工場が利益が出始める分岐点のようです。中国工場は1500個以下の注文はやりたくないのです。5000個から1万個くらいあれば喜んで仕事を受けてくれます。

中小業者はこの最小ロットをクリアできないのでほとんどは 「在庫がある商品」という制約条件エリアの中でビジネスをしなければならないため、狭いエリアの中で将来が見えず皆が苦しんでいるという感じです。この制約条件クリアできればビジネスチャンスはかなり広がるのですが、中小には大口注文をするだけの資金力、リスクを負担する力はありませんし、いちいち数千個の在庫を抱えていたら成立しないので個々の中小業者の力ではとても難しいことです。

もっと大きな問題が商品を日本へ発送する国際送料が高いという問題です。この問題は私もずっと悩んでいる問題です。小口注文で荷物の重量が100kg以下の場合、ほとんどの方は流通王、OCS、DHLなどの航空便で日本へ発送していると思います。送料は25元/kgくらいが一般的です。たとえ軽い商品であっても体積重量という計算方式になり送料はかなりの負担となります。商品仕入れ価格に対する送料の割合がかなり高くなり、場合によってはビジネスとして成立しなくなるレベルまでになります。

荷物が少し多めで1000kgから2000kgであっても船便コンテナで発送するには及ばない量です。それなら船便(混載)で送ればいいと思うかもしれませんが、混載の手数料、船便書類作成料、為替レート、港からの運送費用、船便混載固有のリスクなど、トータルすると航空便とほとんど変わらないコストになってしまうので実質的にちゃんと使える船便(混載)はということになります。

結局、小口注文の場合は流通王、OCS、DHLなどの航空便で日本へ送るという選択肢しかありません。自分でコンテナを一本仕立てて船便で送れば、本当は国際送料を航空便の半額以下にすることもできるのですがコンテナで送るには量が少なすぎるのです。
このような物流事情もあり、流通王、OCS、DHLなどの運送会社は小口荷物の顧客からは高い送料をとっているので相当な利益を上げています。流通王は最近中国株式市場に上場するまでになっています。他に方法がないので高い送料が維持されているようです。

中国仕入れをしていてある程度軌道に乗っている方の最大の悩みはこの国際送料が高い事なのではないでしょうか。とはいえコンテナで送るには数量が少なすぎるのでできません。大口注文をしている大手は自分でコンテナを仕立てて日本へ送っていることころがほとんどです。

 

中国輸入の問題点を解決できる「中国共同仕入れ」

最小ロット1500個とかいわれた時点で普通はすぐ諦めていましたが、これを解決できる方法もあります。共同仕入れという方法です。小口注文をまとめて大口注文にして発注すれば大手のように多くのスケールメリットが得られます。

(生産できる)

小ロットでは工場は生産してくれませんが、大ロットになれば生産もできます。

(仕入れ価格が安くなる)

当然大口注文であれば仕入れ価格も安くなります。小ロットでは価格交渉の余地もありませんが5000個注文するからといえば価格交渉も可能になります。よく日本の問屋から買っているから高い、中国から直接買えば安い、と誤解している方もいますがどこから買うかはあまり問題ではありません。中国工場から直接10個買ってもほとんど安くなりませんが、日本の問屋が中国工場から1万個買えばかなり安くなります。この場合は日本の問屋から買ったほうが安くなります。安くなるかどうかは注文数量によるところが大きいのです。

(日本への国際送料が安くなる)

我々中小でも小口荷物をまとめて大口にすれば大きな送料割引があります。もっと多くなればコンテナで日本へ送ることも可能になります。これは実は共同仕入れの最大のメリットだと思っています。

 

中国仕入れ共同体を作る

今まで個別に戦っていた中小業者が共同仕入れグループを作ればあきらかに、個々でやっている中小業者よりも有利になります。グループの規模が大きくなれば大手とも互角に戦えるようになります。

とはいえこの共同仕入れという仕組みを実際に動かすのはいろいろ困難が予想されます。この中国共同仕入れという試みが成功するかどうかは全く未知数です。ですが私達中小が生き残っていくためにはお互いが独立性を尊重しつつ協力しあっていくしかないのではないかと考えています。

まだこの試みは始まったばかりですが、ぜひこちらの中国仕入れ共同体にご参加ください。

 

spiritb

ご参加希望の方はこちらからご連絡ください。

ご連絡いただく前に(天国の箸、地獄の箸)

image_12894372180

メール info@microbe.jp ,  LINE(ライン) spiritb20161023

 

バッグ工場の見学・生産打ち合わせ in 広州周辺

m0 887

(中国広州のバッグ市場・工場の記事まとめ)

中港皮具(バッグ市場)で買付け

三元里でバッグの買付け

バッグ工場の見学・生産打ち合わせ in 広州周辺

 

 

バッグ工場の見学と生産打ち合わせのため、広州の近くのバッグ工場へ来ました。

1a 1b

一見工場とは思えない外観ですがこの中に工場があります。中国ではこのような外からは工場とはわからない感じの工場が多いです。中に入ると広い縫製スペースがあります。

1c 2a

このバッグ工場は確かに大きい工場ではありません。中小工場です。大きい工場は小さいロットの客を相手にしてくれないなど、いろいろ融通が利かない場合が多いです。

なのであえてこのくらいの規模で良い仕事をしてくれる中小工場に仕事を依頼するようにしています。小さい工場は社長といろいろ直接交渉もできます。

2c 2d

現在生産中のバッグの部材が山積みになっています。

2e 2f

これはバッグの生地を切り出すための金型です。

7 8

バッグ縫製専門の特殊な機械もあります。

9 12

一通り工場内を確認させてもらった後、生産の打ち合わせをします。工場の社長がお茶を振舞ってくれます。中国の南、広東省ではゆっくりとお茶を飲みながら話しましょうというスタイルが多いです。

効率面だけで考えると早く仕事の話を始めればいいのにと思ってしまう方もいると思います。私も最初の頃は無駄話をしてないで早く仕事の話をしたいと感じていました。

ですがゆっくりお茶を振舞ってもらいながら打ち合わせをすることを何回か経験するうちに、こうやってお互いゆっくりお茶を飲むことによってリラックス状態になることができ、創造力が増してこんな新商品はどうだろうとか良いアイデアが突然出てきたりするし、お互い話しやすくなる、そのためにお茶はとても有効なのかもしれないと感じるようになりました。

実際にそそくさと仕事の話を始めて事務的にさっさと終わらせるという雰囲気では新しいアイデアを出したり、クリエイティブな製品を作るのは難しいだろうと思います。

13 14 15 16

このバッグ工場で生産した商品のサンプル、仕様書です。このようなバッグが作れますよ、ということです。この工場はほとんど日本向けに生産しているので品質がとても良いです。

17

打ち合わせ後、多くの工場の社長は夕食等をご馳走してくれます。今の中国の状況を考えるとバッグ工場も決して経営は楽ではなく、高騰する人件費、広い工場の賃料、値下げ圧力など、金銭的にはきっと苦しいはずです。でも夕食をご馳走してくれているのです。気楽におごってくれたラッキーなどと考えるべきではないと思います。夕食をご馳走してもらったときいつも私はしっかり発注しなくてはならないと思いながら食事を口にしています。

工場にサンプル製作や見積もりをお願いするときにもあまりに気楽にサンプル製作や見積もりを依頼するのは真剣にビジネスをしている相手に対して誠実さが足りない気がします。工場は生き残るために必死にやっているのです。確かに無料でサンプルを作ってくれる工場もありますが、発注の見通しもないのにサンプルを作らせるのは工場に失礼なのではと思います。お互い誠実な態度でしっかり接するようにしたいと考えています。

gyoumu1 (1)

社員写真600

中国買い付けサポート・市場工場アテンドなど

お気軽にご相談ください。

弊社へご連絡いただく前に(天国の箸、地獄の箸)

image_12894372180

メール info@microbe.jp , wechat(微信) den20140301

スカイプ sk188103 , LINE(ライン) den20140301

電話(中国) +86-18819117242 , 電話(日本) 080-7005-9039