月別アーカイブ: 2014年6月

楽天ランキングより、ストライプリボンバナナクリップ

rakuten

本日、楽天リアルタイムランキング(アクセサリー)17位のストライプリボンバナナクリップ。

こちらと同じ商品は広州のアクセサリー卸市場、泰康城でも買付けできます。先日、泰康城に行ったときに見ました。仕入れ価格は15元(250円)くらいでした。楽天市場での小売り価格は1728円なので十分利益があります。

また楽天ランキングの人気商品のデザインを少しアレンジしたりオリジナルデザインのバナナクリップをOEMすることもできます。私も先日聞いて驚いたのですがOEMは最少ロット50pcsくらいからもできます。納期も約1週間とスピーディーです。品質も価格もそこそこでデザインも自由、短納期、小ロットでお手軽にOEM商品を作ってくれるメーカーが他の国にあるでしょうか。なんだかんだ中国製品はいろいろ批判はされていますが、やっぱり中国のメーカーはとても優秀だと思います。

ここのメーカーを利用すれば、最新トレンドを素早くキャッチしてそれを商品に取り入れてオリジナルデザインしてアクセサリーを作りスピーディーに楽天市場で売るというスピード勝負の販売戦略が可能になります。またオリジナルであればタオバオ転売とは違ってすぐには真似されないので少しは商品の寿命も長くなります。

仕入れやアクセサリーのOEMをしたい方、ご質問等、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

広州で一番レートが良い両替所 in 広州南方国際钟表城

20140625_182907 20140625_182953 20140625_182214 20140625_182304 20140625_182321 20140625_182328 20140625_182407 20140625_182427 20140625_182516 20140625_182705

広州南方国際钟表城

昨日の市場アテンドの続きです。近くの白馬服装市場を視察して、から両替所が開店する時間になったので両替所へ向かいます。だいたいお昼の12時くらいです。広州の仕入れ市場で買い付けるときはもちろん中国元で払いますから両替をしなくてはなりません。なのでいつも広州市場アテンドの初日に両替所へお客様をご案内しています。場所も広州駅から徒歩10分くらいと近いので広州で両替をしたい方にはおすすめです。

両替所は広州南方国際钟表城という時計の卸市場の中にあります。この市場の一番奥の方にあります。ほとんどの広州市場アテンド業者はここで両替をするので広州へ仕入れに行かれたことがある方は見覚えがあると思います。今まで他でも両替をしましたがレートは広州ではここが一番良いです。

この日のレートは0.0605でした。銀行だと0.059だったのでだいぶ違います。レートが0.0605ということは日本円で1万円を両替すると、10000x0.0605=605で、605元もらえるという意味です。もし銀行なら0.059なので、10000x0.059=590で、590元になるということです。15元、日本円で250円くらいの差です。もし100万円両替したら銀行の両替との差額は25000円なのでけっこう大きいです。25000円あれば豪華な食事、宿泊ができてしまいます。

また、中国では偽札がとても多いので注意が必要です。偽札をチェックする機械をしっかりとおしてもらってください。枚数も自分でちゃんと数えます。いぜん、中国最大手の中国建設銀行でお金を引き出したときに枚数が間違っていたことがあります。最大手銀行でもこうですから他の場所ではもっと危険です。

この広州南方国際钟表城は時計の卸市場です。このエリア周辺には時計の市場がたくさんあります。時計の心臓部であるムーブメントは日本製が品質がよく、中国で時計をつくる場合もムーブメントだけは日本から輸入しているようです。そのムーブメントの支払い代金は日本円で払いますから日本円が必要になります。そのためこのエリア周辺で両替所が発達してきたと思われます。

この時計市場で時計を買って安易に日本へもって帰ろうとすると税関で没収されてしまうこともありますので自己責任でご注意ください。個人的に自分で使うくらいならよいと思います。

無事両替ができて仕入れ代金が用意できたので、次はお客様の本命の水着の仕入れ市場へ向かいます。

レディースアパレルの視察 in 白馬服装市場

白馬服装市場

20140621_114025 20140621_114031 20140621_115320 20140621_112239 20140621_112217 20140621_112158 20140621_112150 20140621_112136 20140621_111318 20140621_111307 20140621_111202

今日のお客様は水着とレディースアパレルを視察したいとのことでしたので、まずは白馬服装市場へご案内いたしました。

広州市場ガイド の初日にいつも広州で一番レートの良い両替所へお客様をお連れして仕入れ代金のための中国元を用意します。ですがこの両替所はいつもお昼の十二時くらいに ならないと開店しません。お客様が一番見たいのは水着とのことでしたが、この両替所には白馬服装市場の方が近いので両替所が開店するまでまずはこの市場か ら先に視察することにしました。

この白馬の服の価格は他の十三行などに比べると高めです。その分品質は良いです。ワンピースでも卸価格で 100元(1700円)から150元(2500円)くらいはざらにあるのでそうなると楽天市場やアマゾンで販売する方にはちょっと手がだせない仕入れ価格 だと思います。1,2階にはもう少し安めの服も少しあります。また上層階にはもっとハイクオリティで流行を取り入れたミセスラインという感じのブランド服 のお店がたくさんあります。今は多くのお客様は楽天市場などでレディース服を販売していて仕入れ価格が高めの服はあまり向いていないようです。どちらかと いうとここの服は楽天市場などのネットショップで売るよりも、ある程度の価格でも販売できる実店舗をお持ちの方に向いていると思います。

楽 天市場などでもっと安くレディース服を売りたいという方には十三行の市場の方が向いています。十三行市場の卸価格は10元(170円)から50元(800 円)くらいなのでネットショップで販売するには手ごろな仕入れ価格です。品質、価格の比較のために両方の市場を見てみるのもよいです。

それにしても最近、白馬服装市場の店員さんはひどくて腕をつかんでお店にひっぱりこもうとしてきます。うでにひっかき傷をつけれらるほどです。それだけお店間の競争が激しいということなのでしょうが、ご注意ください。