カテゴリー別アーカイブ: 中国で売る!中国向け販路開拓のヒント

中国淘宝(タオバオ)で売る「中国向け輸出」、中国仕入れの次へ!

中国輸入・広州卸売市場仕入れガイド

広州卸市場仕入れガイドはこちらをご覧ください。

Photobucket
広州の卸市場を網羅した広州卸市場マップ

top

中国淘宝(タオバオ)で売る、ネット中国輸出ニュース

中国タオバオ輸出など日本製品を中国で売る情報を中国現地から毎日お届けしています。

中国広州で仕入れサポートのお手伝いをさせていただいておりますが、ありがたいことに中国仕入れをしたいというお問い合わせを日本のお客様から多くいただいております。とくにアマゾン、楽天で販売していらっしゃる方が圧倒的に多いです。またこれからアマゾン、楽天などのネットショップに新たに参入して起業したいという方もとても多いです。

実店舗をオープンするのと違ってネットショップを始めるのは初期コストがとても安く、手続きも簡単です。さらにアマゾンのFBAを使えば商品を保管する倉庫も不要で、面倒な梱包発送もアマゾンが全てやってくれます。ノートパソコン一つでネットショップ運営ができるのです。実際、このような手法を教えてくれるセミナーも日本では大人気です。セミナーの卒業生さんたちは続々とアマゾンに新規参入しています。かなり実践的なセミナーもあり詳しくテクニックを教えてくれるのでレベルの高い新規参入者が激増しています。実際、アマゾンの商品ページを見てみると熾烈な出品者同士の戦いが繰り広げられているのが感じられると思います。

日本のアマゾン、楽天は出品者同士の競争がとんでもないことになっています。そして優秀な出品者がどんどん新規参入してきて、この競争は今後ますます激しくなっていきます。この競争に勝ち抜く=利益を出すためにはかなりの情報力とスピードが必要になります。これは戦闘機のA級パイロット達が狭いエリアにたくさん密集してお互いに潰し合っているような状況です。そしてさらに次から次へとこの狭いエリアに新しくて優秀なパイロットが飛び込んでくるのです。

中国の物価上昇、円安、日本の不景気と大局的に見ても、今までの単純に中国で仕入れて日本で売るというのはますます利益が少なくなって構造的に難しくなっています。今後さらにこの方法で利益をだすのが難しくなっていくのは容易に想像できます。かといって中国で仕入れて日本で売るのが完全になくなるわけではありません。頑張ってライバル出品者が少ない商品を探し出して売れば十分成り立ちます。ただライバルも血眼で人気商品を探しているので真似されるのは時間の問題ではあります。苦労してライバルがいない場所を発見してしばらく飛んでいるとすぐに新しいライバルが現れて潰し合いになるという繰り返しです。

確かにこのような環境であってもその中から勝利者は必ず現れてきます。競争を勝ち抜いて月商数億円売る人もいます。そのような人達はメディアに取り上げられピックアップされるのでよく目立ちます。でもその影には星の数ほどの敗者がいるのです。この激烈な競争で勝ち抜きたいんだという人はそうしたらいいです。

でも私は優秀なA級パイロット達が狭いエリアにたくさん密集して戦ってお互いを潰しあっているのは、せっかくの才能と労力が少しもったいないと感じます。このような場所で潰し合いの戦いをすることにあまり将来性を感じることができないのです。もっと勝ちやすい戦場を選んだらいいのにと思います。他の戦闘機もほとんどいなくて、いてもレベルの低いライバルばかりのような場所ならもっと利益を出しやすいはずです。

前置きが長くなりましたが、その勝ちやすい戦場というのが「日本以外の国で売る」ということです。日本のアマゾン、楽天は競争が激しすぎます。日本以外の海外のネットに目を向けるとここまで激しくはありません。中国のタオバオは確かに中国人同士の競争は激しいですが、出品者が日本人であるというメリットを活かせばそこから差別化することは可能です。

「日本以外の国で売る」というのは具体的には、
A. タオバオ、アリババで中国向けに売る
B. ebay.comで欧米、アジアなどに売る
C. amazon.comで欧米、アジアなどに売る
があります。

「仕入先」としては、
D. ヤフオクなどで入札の多いレア品、コレクター品を仕入れる
E. タオバオ、アリババで中国商品を仕入れる
F. amazonで商品を仕入れる
G. スーパーデリバリーなどで日本製品を仕入れる
があります。
これらのA〜CとD〜Gを組み合わせるパターンが今できる主な方法です。これらの組み合わせの中でやり易く有望で中国が絡む方法から説明します。

DとAの組み合わせ
今、中国の物価はすごい勢いで上昇していますから、DとAの組み合わせ、ヤフオクなどで入札の多いコレクターアイテム、レア品を仕入れて、タオバオで売るというのは副業としてはこれからかなり有望だと思います。ヤフオクで入札がたくさん入るようなレア品、コレクターアイテムなどなら同じ趣味趣向をもつ人は中国にもいますから、高確率でタオバオでも売れます。中国はお金持ちが増えていますから、きっと日本より高値で買ってくれるでしょう。まだヤフオクで仕入れてタオバオで転売している人は少ないですから競争もほとんどありません。

DとBの組み合わせ
中国貿易を始める前、DとBの組み合わせ、ヤフオクなどで仕入れたコレクターアイテムなどをイーベイで転売して生計をたてていた時期もあります。これは実際かなり稼げます。単価が高くて利益率が高い商品も地道に探せば比較的簡単に発掘できます。そして同じ商品で真似して参入してくるライバルも格段に少ないです。

EとBの組み合わせ

EとCの組み合わせ

FとAの組み合わせ

GとAの組み合わせ

これから新しく起業したいとお考えの方はぜひ、日本以外の国で売ることにも目を向けて見てください。今のうちから始めておけば数年後には遅れて参入してきた人よりもきっと大きなアドバンテージがあるはずです。

 

taobaotourtop

淘宝(タオバオ)出店準備が全て整う!淘宝(タオバオ)出店代行ツアー

 

gyoumu

お問い合わせ

中国仕入れ、広州仕入れ、卸市場アテンド、OEM生産、淘宝(タオバオ)出店などのご相談等、お気軽にご連絡ください。

Photobucket

ご連絡はこちらから

またはお電話、Eメール、スカイプ、ラインでもどうぞ。

TEL: 080-7005-9039(日本直通電話)

TEL: +86-18819117242(中国現地直通電話)

Eメール: info@microbe.jp

スカイプ: sk188103

ライン: den20140301

広州で人気の日本風雑貨店MINISO(名創優品、メイソウ)、中国で売るヒント

今、広州市や東莞市で人気の日本風雑貨店MINISO(名創優品、メイソウ)の様子です。ご覧の通りお客さんでごったがえしています。いつもだいだいこんな様子です。

20140511_145205 20140511_145156
20140511_151453 20140511_151528
20140511_145128 20140511_145344
20140511_150251 20140511_151921
20140427_191752 20140427_191839 20140427_191925 20140427_192105 20140427_192145 20140427_192330 20140427_192501 20140427_192535 20140427_192546 20140427_192628 20140427_192652 20140427_192713 20140427_192733 20140427_192849  20140511_144949 20140511_145415 20140511_145509 20140511_145937

いつもは中国広州仕入れ情報がメインですが今回は逆の中国で売るという情報についてです。

中国で売ることについてはこちらのブログもご覧ください。

中国輸出・タオバオ輸出・中国で売る、中国ネット輸出ニュース

今、広州では日本風雑貨店MINISO(メイソウ)という雑貨の小売店がとても人気があります。いつも貿易を手伝ってくれている中国人のスタッフが休日にお店に行ってきたよと、買ってきたルービックキューブを見せてくれて仕事そっちのけでしばらくの間カチャカチャと夢中で遊んでいました。今までもお店の前を通りかかることがあり、見てみるといつもお店にはお客さんがたくさんいてなんだろうと気にはなっていたお店です。

最近、中国仕入れをしているお客様から中国で仕入れをして日本で売るだけではなくて、逆に日本の商品を中国で売りたいと考えているというお話をよく聞きます。1人だけではなくていろいろな人からも中国で売りたいという話を聞くので、今後は中国で売るという大きな流れができてくるのではないかと感じています。これは今から調査を始めて着手しておけば将来的に大きなビジネスになるチャンスかもしれません。為替レートや中国の物価上昇の状況を考えるとやはり中国で売るというのは自然な流れではあります。

4年前に私もタオバオに出品して少し売ってみたことがあるのですが、中国で売るというのは簡単なことではありません。タオバオの競争は日本の楽天市場以上に激しいので当時はいったんあきらめて普通に中国仕入れに戻りました。ですがあれから4年が過ぎて中国の物価水準も日本とあまり変わらなくなってきた今また中国で売る良いタイミングが来ているのかもしれません。中国で開催される日本製品の展示会では日本産のなまこや南部鉄器、和雑貨などの大人気になっている商品があるのも確かです。

そんなこともあり、中国向け販路開拓のヒントになるのでと思ってMINISO(メイソウ)に入ってみました。店内は日本の無印良品やフランフランなどおしゃれが好きな女性に人気があるようなお店によく似た雰囲気です。今まで広州にはこのような雰囲気のお店はなかったので物珍しさもあってとくに若い中国人女性のお客様がたくさん入っています。

お店の名前MINISOは日本のDAISOのミニということでMINISOなのだと思います。店内のBGMはすべて日本語の曲です。商品のタグも中国語ではなく日本語です。お客さんもただ見るだけのひやかしだけではなくてレジも長蛇の列になっています。皆なにを買っているのだろうとレジをのぞいてみると、普通のイヤホン、収納ボックス、ポーチ、コスメグッズなど、他の店でも買えるのではと思うのですがこのお店の雰囲気と日本語の商品タグや、一応日本品質10元均一ということで人気があるようです。

日本語の商品タグがついてはいますが日本製の商品を直接輸入販売しているわけではなくて、あくまで普通のお店と同じく中国製でただタグが日本語なだけで、一応品質が日本品質ということです。ただ普通に中国で作ってタグを日本語にしてるだけでは、と一見思えるのですがただタグを日本語にして日本風にしただけでここまで人気店になれるとも思えませんから、そこにはきっとちょっと見ただけではわからないこの企業だけの販売手法のノウハウがいろいろ詰まっているに違いありません。日本で人気があるfrancfrancなどの雑貨店もまるで欧米の企業のような雰囲気を醸し出して販売して人気がありますが実はfrancfrancもコテコテの日本企業であるというそんな販売手法に似ている気がします。

このような販売手法やブランディングなどについては素人の私からするとただお客様をだましてるだけのようにも感じてしまうのですが、他の多くの小売業者が陥っているような価格競争、低価格を追い求めるだけではなくこのよう売り方の工夫も今後は重要になってくるのだと思います。

ネットでこの企業のことを調べてみるとあまり良い噂はないようですが、販売手法はどうあれ実際にお店にお客様がたくさん来ていて結果を出していますから今後、中国で売りたいという方にはきっと何かしらヒントにはなると思います。中国へ来た時に見かけたら入ってみるのもよいかもしれません。

Photobucket
中国広州現地スタッフ
中国広州の現地スタッフが中国輸入、タオバオ仕入れ、中国工場OEM生産などのお手伝いをします。ご質問やご相談などお気軽にご連絡ください。

Photobucket

ご連絡はこちらから、またはお電話、Eメール、スカイプ、ラインでもご連絡ください。
TEL: +86-13418239718(中国現地への直通電話)、 Eメール:info@microbe.jp 、
スカイプ: sk188103 、 ライン: den20140301

officetitle

中国広州現地(東莞常平)シェアオフィス利用者募集中

また、こちらのオフィスは中国現地オフィスとして中国貿易、広州仕入れ、タオバオ(淘宝)出店の作業などにお使いいただけるシェアオフィスにもなっ ています。月額600元(光熱費、ネット代含む)でデスク、wifi、荷捌き場が使えます。見学も常時可能ですのでご連絡ください。

中国で売るということ、休日の様子 in 広州シェアオフィス(東莞市内)周辺

広州シェアオフィス(東莞市内)がある東莞の常平にも繁華街があります。日曜なので日用品などの買い物に来ました。

20140803_173926 20140803_174045 20140803_174010 20140803_173956 20140803_173946 20140803_175055 20140803_174657 20140803_174523 20140803_174444 20140803_174351 20140803_174301 20140803_174256 20140803_174237

ここは百花広場という場所です。昨日、8/2は中国の情人祭という祝日だったのでその続きで今日も人がいつもよりかなり多いです。8/2情人祭は日本のバレンタインデーと同じような祝日で、中国にも2/14にバレンタインデーがありますが、中国では8/2の方が昔からある祝日でもあるので、こちらの方を大切にしているようです。中国のカップル達にとってはプレゼントや花を送ったりするとても重要な日です。

中国の一人一人ミクロからマクロへ目を移してみると中国の不動産バブルはピークに達してこれからバブルの崩壊が予想されるなど、中国の経済は決してよくはないのですがそんなマクロを見るのではなくてこうして中国人一人一人を見てみると、非常にみんな元気に買い物を楽しんでいるという感じでとても活気があります。あと本当に日本と違うのはとにかく若者が多いということです。日本で街中を歩いていると若者より中年以降の人が多いですが、こちら中国では若者が圧倒的に多いです。年齢が若いというのが単純に活気の原因なのだと思います。国を構成する一つ一つの細胞が日本は老細胞が多くて老体ですが、中国は細胞がまだまだ若い感じです。体のところどころに爆弾を抱えてはいますが十分な若さがあります。

食事はこちら現地の寿司を食べましたが、価格はほとんど日本と変わりません。本当に4年前と比べても物の値段が高くなりました。中国の物価は今後さらに上がっていき中国元は将来もっと強くなり、一方で日本の市場は縮小してものが売れにくくなっていくという大きな流れがあります。このようなことを大局的に考えると、今私達がメインにやっている「中国で仕入れて日本で売る」という商売はこの大きな時代の流れに逆らうことになっているようです。逆に流れに沿ったことはなんだろうと考えてみるとやはり「中国で売る」ということだと思います。今は中国で仕入れて日本で売っているという人がほとんですが、数年後には「中国で売る」ことが当たり前の時代、中国に向けてサービスや商品を提供する仕事をする人がほとんどという時代にきっとなると思います。

楽天市場などのネットショップが日本で始まった初期の頃も、ネットで売るのはとても難しいしとても今のようにネットショップが主流になるなどと思っている人はごく少数でした。楽天市場よりもずっと大きな大企業がすでにネット通販に参入していましたが結局うまくいかず撤退し、一旦はネットで物は売れないという結論になりました。でもそこで撤退せずに諦めなかった楽天だけが成功し日本で最大のネット通販会社になりました。そのようにまだその分野がうまくいくかわからない、逆に皆がだめだと言っている初期から参入していた人達はその後のネット通販が主流になっていく時代へ向けて大きな成功を収めました。皆が難しいできるわけないと思っている初期に着手した人は大きな利益を得ることができたのです。一方、ネット通販は儲かると皆が言い出してから参入した多数派の人達は価格競争に巻き込まれてたいして大きな成功を手にすることはできていないのです。多数派では決して大きな成功はできない、少数派だけが勝利できるというのはどの分野でも共通する法則です。

今、中国に向けて売るのはとても難しくてハードルが高くて、いったんは中国市場に参入してみたけどだめで撤退したという話をたくさん聞きます。私の周りにいる中国人の知人たちに中国で売りたいんだけどという話をすると、無理だからやめたほうがいいという人がほとんどです。実際、現状は中国進出は失敗した企業がたくさんで死屍累々という感じです。実際中国で売るのは本当に難しいです。でも今後、「中国で売る」がメインになっていくという大きな流れはきっと変わらないでしょうから、まだ中国で売ることに大多数の人が懐疑的である今がたぶん初期なのだと思います。皆がだめだと言って疑っている今から着手してコツコツ経験を積んで数年後に向けて備えておけば、今後中国で売るのが主流の時代になったときに大きな成功を得ることができるのかもしれません。中国で売るという分野において今後、楽天の三木谷氏のような大きな成功を収めて有名になる日本人がきっと出てくるはずです。中国マーケットは日本の10数倍ですから成功したときの大きさは三木谷氏よりももっと桁違いの大きさになると思います。中国元なんかたくさんため込んでどうするの?という気持ちもよくわかります。確かに中国にはいろいろ問題が多すぎます。でもやはり多数派の人達が悲観的になっている今だからこそ少数派になれるチャンスでもあるのではないかと考えています。

中国で売りたいと考えている企業様、個人様、中国で売ることに興味のある方は、雑談でもなんでも構いませんのでお気軽にご連絡ください。